「米国で激化するメタバースの開発競争」と題して、米国 VentureClef社 代表/アナリスト 宮本 和明氏によるライブセミナーを2022年7月7日(木)開催!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社 新社会システム総合研究所
ビジネスセミナーを企画開催する新社会システム総合研究所(SSK)は、下記セミナーを開催します。

───────────────────────────────■ライブ配信■アーカイブ配信(2週間、何度でもご都合の良い時間にご視聴可)───────────────────────────────[テーマ]【1兆ドルの巨大市場となるか】米国で激化するメタバースの開発競争-Meta、Apple、Google、新興企業の戦略-メタバース向けAIでブレークスルー/AR・VR・ホログラム・触覚技術最前線-日本企業はどの分野を攻める?


[セミナー詳細]
https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?spage=pt_22318

[講 師]
米国 VentureClef社 代表/アナリスト 宮本 和明 氏

[日 時]
2022年7月7日(木) 午前9時30分~12時30分

[重点講義内容]
このセミナーはメタバースとそれを構成する技術を分かりやすく解説する。また、米国主要企業のメタバース開発の最新状況をレポートする。
メタバースについて共通の理解が確立する前に、米国企業は独自の手法でシステム開発に着手した。Metaは社名を変更し、メタバース開発をリードしている。Metaは、次世代VRヘッドセットとARグラスの開発に社運を賭ける。AppleとGoogleもメタバースにアプローチし、高機能ARグラスを投入する公算が濃厚となった。更に、巨大テックは、メタバース専用のAIの開発を進め、3D仮想社会を生成する基礎技術でブレークスルーが生まれている。
これに対し新興企業は、ホログラムや触覚技術など、次世代インターフェイスの開発に注力している。更に、3Dエンジンや3Dモデリングなど、仮想空間を生成する技術で差別化を図る。
米国企業がメタバース開発で先行する中、日本企業はこの市場でどう戦うべきかが問われている。

<1>メタバース仮想社会
1.集中型メタバース
2.分散型メタバース
3.デジタルツイン

<2>インターフェイスとセンサー
4.ARグラス
5.VRヘッドセット
6.ホログラム
7.コンタクトレンズ
8.触覚技術

<3>メタバース向けAI
9.コンピュータビジョン
10.言語モデル・チャットボット
11.大規模AIモデル
12.フィッシング・ヘイトスピーチ対策

<4>メタバースを生成する技術
13.アバター生成技術
14.AR開発環境
15.3Dエンジン
16.3Dモデリング

<5>メタバースの経済モデル
17.メタバースで生まれるビジネス
18.Web3、仮想通貨、NFT
19.日本企業の戦略
20.質疑応答

【お問い合わせ先】
新社会システム総合研究所
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
Email: info@SSK21.co.jp
TEL: 03-5532-8850
FAX: 03-5532-8851
URL: http://www.ssk21.co.jp

【新社会システム総合研究所(SSK)について】
新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来26年以上 法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
SSKセミナーは、多様化するビジネス環境下で、ハイレベルな経営戦略情報、マーケティング情報、
テクノロジー情報等をスピーディーに提供し、事業機会の創出に貢献することを目的としております。
また、セミナー事業を軸に多様なビジネスを展開しており、
セミナー企画運営代行サービス・講師派遣、BtoB広告・受託調査・市場調査レポート販売・セミナーDVD販売・セミナーオンデマンド販売等
お客様の事業の成功・拡大に必要な情報、サービスを提供しております。
SSKは常に最先端の情報を発信し、お客様の戦略パートナーであり続けます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ