デジタル機械部品調達サービス「meviy」新機能「穴タイプ自動認識機能」をリリース、見積もり作業効率25%向上

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ミスミグループ本社
株式会社ミスミグループ本社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:大野龍隆)が提供するデジタル機械部品調達サービス「meviy(メビー)」は2022年7月より、3Dデータから穴属性情報を自動認識する「穴タイプ自動認識機能」を新たにリリースします。従来、穴加工を必要とする機械部品の見積もり時には、meviy画面上にて手動で穴属性情報の設定が必要でしたが、本機能により3Dデータから自動認識されるため手動設定が大幅に削減され、見積もり時の作業効率が25%向上します。meviyは今後も機能開発を継続し、操作性や利便性の向上によってお客さまの時間創出に貢献することで、自動化産業におけるDX加速を牽引していきます。





新機能・穴タイプ自動認識機能搭載の背景

3Dデータをアップロードするだけで機械部品の即時見積もり・発注ができるmeviyでは、ご注文されるほぼ全ての機械部品で、穴加工が求められます。この度リリースする穴タイプ自動認識機能は、CADソフトで3Dデータに付与した穴属性情報がmeviyに自動で連携されることで、タップ穴やはめあい公差等の自動認識が可能となります。そのため、見積もり作業効率も25%向上、設定ミスや確認もれなどの人的ミスも大幅に削減します。現在は「SOLIDWORKS1」のネイティブファイルに対応していますが、今後その他CADのネイティブファイルへの対応も予定しています。
1)ダッソー・システムズ株式会社が提供する機械設計用の 3D-CAD ソフトウェア


連携対象となる穴タイプ



※記載の方法以外で作成された穴は連携対象外のためビューワー画面で穴タイプを変更

穴タイプ自動連携詳細ページ:https://jp.meviy.misumi-ec.com/info/ja/archives/32974/


3Dデータまとめて1分見積もり。meviyとは

meviyは、機械部品の見積もり、製造をデジタル化。2D図面の作成から見積もりの取得までの、何十時間もかかる作業を、1分に短縮しました。部品の設計データ(3DCADデータ)をアップロードすると、AI が即時に価格と納期を回答、製造プログラムの自動生成により最短1日出荷を実現しました。



・TOP・サービス紹介動画 : https://meviy.misumi-ec.com/ja-jp/#movie
・お客さまの声 : https://jp.meviy.misumi-ec.com/info/ja/archives/category/case/user_case/


ミスミとは

オートメーションの現場で必要とされる機械部品や工具・消耗品などをグローバル33万社以上に販売。製造機能を持つメーカーと他社ブランド品を販売する商社としての顔を併せ持つ。ユニークな事業モデルとそれを支える事業基盤により「グローバル確実短納期」を実現し、お客さまの利便性向上に貢献しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ