EV充電インフラ「Terra Charge」を提供するTerra Motors株式会社と業務提携

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社JUSTICEYE
防犯・見守りAIカメラ「JUSTY(ジャスティ)」をはじめ、防犯・監視カメラソリューションの提供を行う株式会社JUSTICEYE(ジャスティスアイ、所在地:東京都中央区、代表取締役:道下 剣志郎)は、EVをもっと身近にすることを目指してEV充電インフラ「Terra Charge」を提供するTerra Motors株式会社(本社:東京都港区、取締役会長:徳重 徹 / 代表取締役社長:上田 晃裕)と、業務提携契約を締結したことをお知らせいたします。



■提携に至った背景と今後の展開
顧客や社会の課題解決に取り組む企業として、相互のノウハウと強みを生かしながら両社の営業連携を強化することを狙い、今回の業務提携の締結合意に至りました。相互に顧客紹介をすることで、両社のサービス提供価値の向上を図ります。両社とも初期費用0円であることから、導入検討が比較的容易なサービスであり、顧客にとって導入のしやすさと利便性、安全性の向上を叶えるサービス提供を目指すとともに、環境問題や安全・プライバシー問題の解決にも寄与できるよう、相互の事業開発の発展を目指してまいります。

■Terra Motors株式会社について
テラモーターズは、「新産業を創造し、社会をより便利にする」ことをミッションに掲げ、持続可能な e-Mobility 産業におけるリーディングカンパニーを目指す、日本発のグローバルベンチャーです。電気自動車(EV)向け充電インフラ構築、及びEV2輪・3輪の開発から販売までの全行程を行います。
日印を本拠点に、日本、南アジア、東南アジアにおけるモビリティ・プラットフォームを実現し、テラの強みである共創文化によって、EVがより身近な世界の実現に向けて貢献してまいります。

■株式会社JUSTICEYEについて
「AIの目に良心を」を理念に、社会のプライバシーを守り、安心・見守りを届けるAIカンパニーです。
防犯対策への世界的な注目を背景に、オフィスビルや店舗はもちろん個人宅への導入も進み、防犯・監視カメラが街中に設置されるようになった現代。しかし、日本での防犯カメラ普及率は未だ世界に後れを取っているのが現状です。そのような背景を受け当社では、これからの時代における安心・見守りの基礎インフラとなることを目指し、高性能で安価な防犯カメラの開発を開始。2021年よりβ版のサービス提供をはじめ、2022年4月15日からは完全自社開発の新型カメラ「JUSTY」のレンタルサービスも新たにスタートしました。
数ある防犯カメラの中でも圧倒的安価で高品質なことに加え、今後はプライバシー保護機能「JUSTICE CONTROL」を搭載することで、日本における防犯カメラの普及スピードを加速させ、日本のセキュリティや防犯に寄与してまいります。

■会社概要

会社名 :Terra Motors株式会社
代表  :取締役会長 徳重 徹  代表取締役社長 上田 晃裕
所在地 :〒105-0004
東京都港区新橋3-9-10
資本金 : 19億円(資本準備金を含む)
設立  :2010年4月
事業内容:e-Mobility 事業、金融サービス事業、
Connected E-Mobility プラットフォーム事業
URL  :https://terramotors.co.jp/

<EV充電インフラ「Terra Charge」>
https://terramotors.co.jp/terra-charge/




会社名 : 株式会社JUSTICEYE
代表  : 代表取締役 道下 剣志郎
所在地 : 〒104-0041
東京都中央区新富1丁目1-7 BizSQUARE GINZA 3F
資本金 : 398,516,000円(2022年3月31日現在)
設立  : 2020年3月
事業内容: AIコンピュータのソフトウェア及びハードウェアの企画、
開発、製造、販売業務
URL   : https://justiceye.jp/corporate/

<「JUSTY」製品サイト>
https://justiceye.jp/
<JUSTICE CONTROL>
https://jc.justiceye.jp/


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ