Jマテ.カッパープロダクツとINSIGHT LAB が製造業におけるAI需要予測実現に向け共同プロジェクトを開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
INSIGHT LAB株式会社
銅相場の変動による在庫リスクをAI予測で回避、在庫の適正化を目指す

Jマテ.カッパープロダクツ株式会社(本社:新潟県上越市、社長:山本 耕治、以下Jマテ.カッパープロダクツ)はINSIGHT LAB株式会社(本社:東京都新宿、社長:遠山 功、以下INSIGHT LAB)と共同で、需要予測AIシステム構築プロジェクトを2022年8月より開始いたします。銅建値の変動による経営リスク軽減のための在庫の適正管理を目的とし、2023年中に約100トン(約118百万円)の在庫削減を目指します。






概要

急激な円安の進行の影響も相まって、国内の非鉄金属価格は記録的な高値となっています。営業利益の減少要因を「売上原価の上昇」とする製造業が5割を超える中(※1)、ものづくりの現場において、在庫量を適正に保つための、精度の高い需要予測のシステムが求められています。

銅金属加工部品製造を行う、Jマテ.カッパープロダクツは、メイン商材である銅合金の銅建値(※2)の評価額変動という経営リスクを常に抱えており、2014年より在庫削減に寄与する需要予測などの取り組みを開始しましたが、必要なデータの煩雑さやデータ人材の不足、取り扱う型番の多さ(約1,500程度)などから予測精度が安定せず、更なる改善が急がれていました。

そこで、Jマテ.カッパープロダクツはデータソリューションカンパニーであるINSIGHT LABと共に、需要予測AIシステム構築にむけた共同プロジェクトを2022年8月から開始します。2023年中に約100トン (約118百万円)の在庫削減を目指します。

※1 出典 ものづくり白書2022(経済産業省)より引用
※2 電気銅の基準販売価格を指す。銅相場とも呼ばれる。



需要予測AIシステム構築共同プロジェクトとは?

2022年8月~2023年2月までの共同プロジェクト。営業や製造に関するデータをAIに学習させ、70%以上の精度を持つ需要予測を立てるAIシステムを構築します。過去約4年分のビッグデータの中から必要な情報を選定、整理しAIに学習させ、弾き出された予測値を用いて主要材質の在庫の上下限範囲(発注点)を再構築。更に行程管理にも予測値を応用することで、勘や経験に頼らない営業活動、生産活動を可能にします。製造業全体における在庫の適正管理という課題解決に寄与できる、汎用性の高いシステムの構築を目指します。



Jマテ.カッパープロダクツ社 山本社長のコメント

改善活動は製造現場が中心で、間接部門についても改善を模索していました。受注が来てから対応する“守りの営業”から、販売予測を行い営業活動に反映をする“攻めの営業”にしたいと考え、大手企業や地方自治体において「データを利活用する」プロジェクト実績が多いINSIGHT LAB社と共同で需要予測AIシステムを構築することとなりました。精度の高いAI需要予測システムの構築を期待しています。

本プロジェクトでは出荷量の多い型番に絞り実証実験・効果測定を行い、将来的には、すべての製品において、需要予測による効率的な生産体制が構築できることを目指しています。INSIGHT LAB社と共同で、DX(デジタルトランスフォーメーション)化の取り組みを進め、新たなビジネスモデルへの変革に向けて推進していきます。



Jマテ.カッパープロダクツ株式会社について

銅合金の鋳造・加工事業などを行っています。Jマテ.カッパープロダクツでは現在、JPS(Jマテ生産方式)と名付けたプロジェクトにより、業務の標準化を進めています。また、Jマテ.グループにおけるDXの旗振り役となるべく、BI、RPAツール・AI-OCRや各種ITツールを用いたDXを推進し、創出した余力を「人でなければできない付加価値を持った仕事」に充て、活人化を実現していきます。またこうした取り組みにより、将来的にはステークホルダーにとっての利益の源泉となることを目指します。



INSIGHT LAB株式会社について

「ビッグデータを活用し、より豊かな社会をつくる」ことをミッションに掲げ、お客様毎のデータ利活用フェーズに合わせた課題解決ができるデータ利活用プラットフォーム「TERASU(テラス)」を提供しています。「TERASU」は、MatoMeru(データ分析基盤)、KizuKi(データビジュアライゼーション)、+One(AI、RPAなど)、KakeDashi(DX推進)の4つの領域からなり、大手企業を中心に200社以上の導入実績があります。

新潟県妙高市とDX連携協定を締結するなど地域のDX推進にも貢献しており、最先端のデータ利活用ツールの導入・活用支援サービスや、研修サービスも提供しています。幅広い知見と技術力を用いて、お客様の挑戦に貢献していきます。



会社概要

■Jマテ.カッパープロダクツ
・社名:Jマテ.カッパープロダクツ株式会社
・設立:2005年4月1日
・本社所在地:新潟県上越市大潟区土底浜2024-1
・代表者名:代表取締役社長 山本 耕治
・URL:https://www.jcp.joemate.co.jp/
・事業内容:銅合金連続鋳造品・遠心鋳造品・押出品の製造加工販売、
      銅合金地金の製造販売、上水道配管部品、産業機械部品

■INSIGHT LAB
・社名:INSIGHT LAB株式会社
・設立:2005年12月22日
・本社所在地:東京都新宿区西新宿1丁目26番2号 新宿野村ビル48階
・代表者名:代表取締役社長 遠山 功
・URL:https://insight-lab.co.jp/
・事業内容:DXからデータ利活用、最先端技術までワンストップでサポートする
      データソリューションプラットフォーム『TERASU』の運営
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ