国内初、映像や動画の視聴に特化した字幕を自動生成! AI字幕翻訳ツール「Subit!」をリリース!

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本映像翻訳アカデミー(JVTA)
日本映像翻訳アカデミー株式会社(東京都中央区)は、国内初となるオリジナル言語が英語の映像や動画の視聴に特化した日本語字幕を自動生成する[英→日]AI字幕翻訳ツール「Subit!」(サビット)をリリースしました。



■プロから一般用途まで動画時代をリード
本製品を使うことでプロの翻訳者が制作するような高いクオリティーの日本語字幕を自動生成できるため、映画の配給や制作、映像の配信や制作を手がけるプロフェッショナル用途における翻訳業務の大幅な生産性向上が期待できます。
近年、「YouTube」や「Tik Tok」などを活用して企業や個人が手軽に動画を配信できるようになり、映像や動画の日本語字幕をつけるニーズは飛躍的に高まっています。そうした需要に対して「Subit!」を活用することで、翻訳経験の有無を問わず、迅速かつ高品質な字幕の生成が期待できます。

■まるで映画字幕のように少ない文字数でメッセージを端的に伝えられる「AI字幕翻訳」
本製品の最大の特徴は、AIが出力する日本語が映像や動画の視聴に最適化されていることです。現在、市場で提供されているAI翻訳サービスの多くが文書(ドキュメント)用途で、それを字幕として使うと画面に表示される文字数が多くなったり、直訳的で単調な表現が多かったりするなど、映像や動画の視聴にあまり適していません。一方、「Subit!」は、まるで映画の字幕のように高い表現力かつ短い文字数の日本語を出力するため、映像や動画の視聴に最適です。

■国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)とのパートナーシップで誕生
当社は2019年12月から国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)の情報科学研究科知能コミュニケーション研究室(中村哲教授、須藤克仁准教授)とAI字幕翻訳に関する共同研究を行っており、本製品もそれが契機となって誕生しました。今後も同大学と共同研究を継続し、映像や動画の制作や視聴により適した字幕翻訳AIの研究開発に努めていきます。

■AI字幕翻訳ツール「Subit!」が搭載する主な機能
・映像や動画の視聴に特化した翻訳字幕を作成する「AI字幕翻訳エンジン」を搭載
・対応言語は、現時点は「英語→日本語」のみ(※今後、「日本語→英語」も開発予定)
・翻訳可能なファイル形式は、エクセル(xlsx, xls)、SRT(SubRip Text)、テキスト(txt)などに対応
・翻訳メニューは2種類。
 1.ファイルをドラッグ&ドロップして翻訳する「ファイル翻訳」
 2.テキストを貼りつけて翻訳する「テキスト翻訳」
・翻訳データを追加学習させて、AI字幕翻訳エンジンをカスタマイズできる機能を搭載(※オプション)
・翻訳前に複数の固有名詞や単語などを登録して訳例に反映させる「用語集」機能を搭載
・AIが出力した翻訳結果を画面上で編集できる「ポストエディット」機能を搭載
・複数人を登録してチームを作成し、チームメンバーが共同でポストエディットできる「チーム翻訳」機能を搭載

【本製品の内容や利用に関するお問い合わせ先】
日本映像翻訳アカデミー株式会社  「Subit!」セールスサポート担当
TEL:03-3517-5002  Mail:subit@jvtacademy.com

【本プレスリリースや本プロジェクトに関するお問い合わせ先】
日本映像翻訳アカデミー株式会社  新規事業開発室長 富岡 修
TEL : 080-5864-2435 Mail:tomiokao@jvtacademy.com

AI字幕翻訳ツール「Subit!」ホームページ  URL https://www.subit.jp/

■会社概要  社名:日本映像翻訳アカデミー株式会社  代表取締役:新樂直樹
1996 年創業。海外の映画やドラマ、ドキュメンタリー、スポーツ放送、企業 PR 映像などの字幕や吹き替え原稿の作成を受託する事業と映像翻訳者を育成するスクール運営事業を手がける。受託事業の顧客は、放送局、映画配給会社、映像制作会社、外資系企業や広告代理店など年間約300社に及ぶ。当社が大量に保有する字幕データを学習させてAI字幕翻訳エンジンを開発し、今回本邦初となるAI字幕翻訳ツール「Subit!」をリリース。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ