JX通信社、SNS上のリスク情報を地図上に表示するしくみに関する特許を取得

このエントリーをはてなブックマークに追加
JX通信社
~SNS上で抽出したリスク情報をわかりやすく可視化し、報道や防災・減災に貢献~

株式会社JX通信社(本社:東京都千代田区、代表取締役:米重克洋 以下「当社」)は、当社が運営するビッグデータリスク情報SaaS「FASTALERT」に関連して、SNS上のリスク情報を地図上に表示するしくみに関する特許を取得 したことをお知らせします。



当社は、データインテリジェンスを武器とした新しい報道機関です。
「データインテリジェンスの力でより豊かで安全な社会を創る」をビジョンとして、SNSをはじめとする各種ビッグデータからリスク情報を検知・配信する「FASTALERT(ファストアラート)」や、報道価値の高いニュースをAIで速報するニュース速報アプリNewsDigest(ニュースダイジェスト) 」を主事業として開発・提供しています。
とりわけ、FASTALERTは、報道に必要不可欠なツールとしてNHKと全ての民放キー局、全ての一般紙に採用されるなど、国内の大半の報道機関に浸透しています。また、最近では防災やBCP、障害監視やサプライチェーンのリスク管理など広範なニーズに対応する情報ツールとして、政府・自治体やインフラ企業をはじめとする幅広い業種の顧客に導入・活用されています。

今回、当社ではこのFASTALERTに関連して、SNS上から抽出したリスク情報などの事象を地図上に表示するしくみに関する特許を新たに取得しました。
SNSは、災害にとどまらず事故、事件など、オールリスクに備えるBCPにおける情報収集に最も効果的な情報源です。今回当社が取得した特許は、こうしたSNS情報を地図上でよりわかりやすく可視化するために必要不可欠なしくみに関わるものです。

>詳細は下記URLをご覧ください
https://fastalert.jp/patents

防災分野で当社と資本業務提携契約を締結し、FASTALERTの市町村防災分野向け販売で協業する、富士フイルムシステムサービス株式会社 経営統括本部 デジタル戦略推進部長の竹中 稔様に、本特許の取得に関連して、当社の技術開発への期待についてコメントを頂きました。

富士フイルムシステムサービス株式会社 竹中様コメント


当社はJX通信社の独自開発によるSNS情報の解析能力に着目し、資本業務提携を行いました。今般の追加特許取得により、いっそうその技術力の独自性が評価されるものと考えます。地方自治体における罹災証明交付の迅速化という課題に取り組む当社も、明確な位置情報とともに災害情報を集約・分析することを重視しており、これらの独自技術がGIS等に集約され、災害対応・判断支援に役立つことを期待しています。


今後も当社は「データインテリジェンスの力で、より豊かで安全な社会を創る」というミッションに挑戦してまいります。

■JX通信社について
JX通信社は、報道領域に特化したテックベンチャーです。
「1億人を動かすニュースを創る」というビジョンを目指して、国内の大半の報道機関のほか官公庁、インフラ企業等にSNS発のリスク情報を配信する「FASTALERT」、そのテクノロジーを活用したソーシャルリスニング型マーケティングリサーチサービス「KAIZODE(カイゾード)」、一般消費者向けの速報ニュースアプリ「NewsDigest」、報道規格の高品質な選挙情勢調査サービス「JX通信社 情勢調査」を提供しています。
URL:https://jxpress.net

■FASTALERT(ファストアラート)について
「FASTALERT」は、AI(人工知能)がSNSから災害、事故、事件などのリスク情報を収集し配信するWebサービスです。2016年9月のリリース後7ヶ月で、全ての民放キー局とNHKで採用。各局ニュース番組における「視聴者提供」動画定着の原動力になりました。2018年の日本新聞協会 技術開発奨励賞を受賞。 現在はビッグデータリスク情報SaaSとしてシェアNo.1の業界標準として、全国の大半のテレビ局や新聞社に採用されているほか、警察、消防、自治体、一般企業等でも幅広い導入実績があります。
URL:https://fastalert.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ