管理サービスブランド「MANSION NEXTYLE(マンション ネクスタイル)」が始動

このエントリーをはてなブックマークに追加
大和ライフネクスト株式会社
多様性に応えるマンション管理のトータルソリューション

大和ハウスグループの大和ライフネクスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:竹林桂太朗)は、分譲マンション管理の総合ブランドとして「MANSION NEXTYLE(マンション ネクスタイル)」(※1)を新たに立ち上げました。(※1)商標出願中


当社は住生活総合支援企業として、建物の高経年化、自然災害等へのご不安や、居住者の高齢化に伴う役員のなり手不足等のコミュニティ課題など、管理組合が抱えるさまざまな課題や、マンションを取り巻くあらゆる社会問題に対して、それらを解決するためのサービスをお届けする使命を担っています。

目まぐるしく変化する社会情勢の中において、マンションがそれぞれに抱える課題、多様な価値観に柔軟に対応し、お客さまにとってさらに安全・安心かつ快適な生活を実現するために、これまでの画一的な管理サービスから、パーソナライズされたサービスへと進化させてまいります。


新ブランド立ち上げの背景

当社は分譲マンションの管理会社として、管理組合の運営支援や清掃・管理業務を担う人材の教育に力を入れてまいりました。また、建物の維持・管理においては、長期修繕計画・資金計画の作成や修繕工事に関するコンサルタント業務、AIやIoT技術を活用した運営支援ツールの提供のほか、共用部分から専有部分までを含んだセキュリティサービス、お部屋のリフォームから賃貸、売買、さらには相続といった専有部分に関する個別相談窓口など、快適なマンションライフを過ごしていただくために幅広いサービスを提供しています。

一方で、お客さまの価値観が多様化し、これまでのあたり前があたり前ではなくなる時代、そんな誰もが経験したことのない未来に向かうためには、私たち自身も多様性を持ち、一人ひとりのお客さまに常に最適で、かつ新しいサービスをお届けしていく必要があります。

社名にもある「NEXT」、考え方・あり方・行動様式を表す「STYLE」。ふたつの言葉を掛け合わせ、ひとつにした「NEXTYLE(ネクスタイル)」。経営ビジョンとして掲げる「LEAD NEXTYLE あしたのあたり前を、あなたに。」を実現するための新たな挑戦として、私たちが考えるマンション管理の未来のカタチ『MANSION NEXTYLE(マンション ネクスタイル)』を、これまでに培ってきた人材力と最新のIT技術を融合させた新たな管理サービスとして確立し、より豊かなマンションライフの創造を目指します。

【大和ライフネクスト株式会社について】
大和ライフネクストは、分譲マンション・賃貸マンション・ビル・物流施設・商業施設・ホテルなどの建物管理サービス、法人向け賃貸マンション・シェアハウス・カンファレンスホテル・リノベーションホテルの運営、オフィス移転サポートといった法人向けサービスなど、広くお客さまの住生活・不動産に関わる領域でサービスを提供しています。

私たちは、”いま、ここから、よりよい未来を切り開いていく”という想いを持つ人の集合体であり続け、一人ひとりの個性、一人ひとりの考え方・価値感・感性を大事にしながら、お客さま、そして社会とともに、より豊かな暮らしを共創し続けることを目指します。

所在地 : 東京都港区赤坂5-1-33
設立 : 1983年3月8日
資本金 : 1億3,010万円
代表者 : 代表取締役社長 竹林 桂太朗
事業内容: マンション管理事業、ビル・商業施設等管理事業、建設業、警備事業、貨物利用運送事業、
損害保険・生命保険代理店事業等
URL : https://www.daiwalifenext.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ