小売店の「ロボットフレンドリーな環境」の実現に向けてNEDOの商品情報データベースの研究開発に参画

このエントリーをはてなブックマークに追加
パナソニックグループ

商品画像DBを活用した現場ソリューションイメージ
アーサー・ディ・リトル・ジャパン株式会社、ソフトバンク株式会社、パナソニック コネクト株式会社および株式会社ロボット小売社会実装研究機構は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」)が実施する「人と共に進化する次世代人工知能に関する技術開発事業」における「商品情報データベース構築のための研究開発」に参画します。

本研究開発では、ロボットが人工知能(AI)を活用して効率的に商品画像を認識し、小売店における入荷検品・棚卸しや商品の陳列、決済などを自動化するための商品情報データベースを構築します。具体的には、入荷検品などに必要な学習用の商品画像データの他、ロボットが形状などの商品特性に応じて商品を適切に把持するために必要な動作支援用の画像データを、重量などの商品の各種基礎データとひもづけて、小売店やメーカー、卸業者などで共有するための仕組み作りに取り組みます。食品や日用品などを対象としたデータベースを整備し、継続的に更新・運用する仕組みを構築することで、ロボットの活用を早期に実現することを目指します。

また、データの提供・利用に関わる事業者の意見を踏まえて実用性のある技術開発およびサービスモデルの構築・検証・評価に取り組むことを目的に、小売事業者やロボットソリューションの提供事業者、AIの技術開発・サービス提供事業者、商品メーカー、商品情報提供事業者などの多様な事業者が参画する「商品情報共有化有識者会議」を2022年7月に立ち上げました。各事業者との協議や実証実験を通して、着実な社会実装を目指します。

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] 小売店の「ロボットフレンドリーな環境」の実現に向けてNEDOの商品情報データベースの研究開発に参画(2022年10月5日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2022/10/jn221005-1/jn221005-1.html

<関連情報>
・NEDO プレスリリース 「ロボットフレンドリーな環境」を実現する商品情報データベースの研究開発に着手
https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101557.html

・経済産業省 プレスリリース ロボットフレンドリーな環境の実現に向けた取組が加速しています
https://www.meti.go.jp/press/2022/10/20221005001/20221005001.html

・パナソニック コネクト Newsroom
https://connect.panasonic.com/jp-ja/newsroom
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ