ワントゥーテン、新海誠『小説 すずめの戸締まり』のAIエージェントを開発。AIソリューション「QURIOS (キュリオス)」の技術を映画作品でも話題の人気IPに活用。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ワントゥーテン
XRやAI等の先端技術で社会課題の解決に取り組む株式会社ワントゥーテン(本社:京都府京都市、代表:澤邊芳明)は、新海誠監督最新長編アニメーション映画「すずめの戸締まり」の原作本の販促キャンペーンとして、作中のキャラクターが体験者との対話からニーズを解析し、最適な書籍をレコメンドするAIエージェントを開発しました。このAIエージェントは、DX推進の中核技術としてワントゥーテンが開発提供している「QURIOS AGENT」、及び「QURIOS CAMERA」で開発されています。『小説 すずめの戸締まり』のAIエージェントは、全国のキャンペーン実施店舗とキャンペーンサイト(https://kadobun.jp/special/suzume-tojimari/)でどなたでも体験して頂けます。



■表情分析機能を搭載した「AIコンシェルジュ すずめの椅子のすすめ」
『小説 すずめの戸締まり』のキャラクター「すずめの椅子」がAIとなって作中同様の姿とアクションで画面に登場します。体験者へ興味を示す「すずめの椅子」の可愛いリアクションを愉しみながら対話を進めてゆくと、体験の最後に「すずめの椅子」から、いまの自分にぴったりの1冊をオススメされます。
このAIエージェントは、数十冊に及ぶ書籍の文章をAIで解析し、ユーザーとの対話内容とカメラの表情分析による感情推定を組み合わせ、体験者に最適な一冊を提案するソリューションです。
仕事や生活での課題解決につながる本、好みの作家やジャンルの関連本など、来店客の志向や来店動機は様々です。この『AIコンシェルジュ すずめの椅子のすすめ』は、ワントゥーテンが開発した「QURIOS AGENT」による対話と「QURIOS CAMERA」による表情分析を統合したシステムを活用することで、従来型の行動履歴をもとにした商品レコメンドシステムでは汲み取れなかった、消費者毎に異なる好みの違いや、その時々の気分・ニーズに即した商品提案を可能にしました。


『AIコンシェルジュ すずめの椅子のすすめ』:booksuggest.kadokawa.co.jp


■ワントゥーテンが提供するデジタルツインとAIエージェントの統合ソリューション「QURIOS」
「QURIOS」は、店舗や施設空間さらに都市全体における各種の課題解決に向けて、XRやAI技術等を活用した様々なサービスを提供します。それらのサービスは「QURIOS」プラットフォームとして相互に連携し機能を拡張させることで、様々な空間の課題やクライアントのニーズに対応した的確なサービス構成で設計し、開発実装することが可能です。

「QURIOS」詳細ページ:https://www.1-10.com/project/qurios


<「QURIOS」のサービス群>
・QURIOS AGENT(キュリオス・エージェント)
ユーザーの必要な情報を予測し、様々な活動をサポートする対話型のAIエージェント

・QURIOS CAMERA(キュリオス・カメラ)
リアル空間のマーケティングデータを収集し、それらを活用したソリューションを提供する体験型AIカメラ

・QURIOS FIELD(キュリオス・フィールド)
現実空間とデジタルツイン空間とが相互作用するミラーワールドを構築し、シームレスでインタラクティブな体験を提供するプラットフォーム

・QURIOS BOX(キュリオス・ボックス)
プロジェクション技術と360度映像などのコンテンツによる没入型XR空間


■『小説 すずめの戸締まり』キャンペーン開催中
日本全国の全10書店(宮崎県、愛媛県、福岡県、兵庫県、大阪府、愛知県、東京都、埼玉県、宮城県、北海道)にて『小説 すずめの戸締まり』書店で「扉」「椅子」「猫」を探せ!キャンペーンが展開中です。詳細は『すずめの戸締まり』関連書籍公式サイトにてご確認いただけます。

■新海誠監督自ら執筆『小説 すずめの戸締まり』絶賛発売中!
『すずめの戸締まり』関連書籍公式サイト
https://kadobun.jp/special/suzume-tojimari/

■映画『すずめの戸締まり』11月11日(金)全国ロードショー
映画『すずめの戸締まり』公式サイト
https://suzume-tojimari-movie.jp/

■新海誠監督自ら執筆『小説 すずめの戸締まり』絶賛発売中!


九州の静かな町で暮らす17歳の少女・鈴芽は、旅の青年との出会いから、全国各地で開かれる災いの元となる「扉」を閉める旅へ出ることになる。過去と現在と未来をつなぐ、鈴芽の“戸締まり”の物語。

『小説 すずめの戸締まり』
著:新海誠
定価:本体680円+税
ISBN:978-4-04-112679-0
角川文庫刊
https://www.kadokawa.co.jp/product/322203001170/

■映画『すずめの戸締まり』11月11日(金)全国ロードショー
原作・脚本・監督:新海 誠
声の出演:原菜乃華 松村北斗
キャラクターデザイン:田中将賀
作画監督:土屋堅一
美術監督:丹治 匠
(C)2022「すずめの戸締まり」製作委員会

映画『すずめの戸締まり』公式サイト
https://suzume-tojimari-movie.jp/


■株式会社ワントゥーテン/1→10,Inc. について
人間の永遠の課題に挑み、創造力で人類の可能性をひらく、近未来クリエイティブカンパニー。最先端のAI技術を駆使したサービス開発やプロジェクションマッピング・XRを活用した数々のプロジェクトを日本国内及び世界各国で展開する。日本の伝統に創造性とテクノロジーを掛け合わせ日本をアップデートする「ジャパネスクプロジェクト」、パラスポーツとテクノロジーを組み合わせたスポーツエンタテインメント「CYBER SPORTSプロジェクト」など、先端テクノロジーによる社会課題解決をテーマに世界中の人々の知的好奇心をかき立て続ける。
URL :https://www.1-10.com/

【ワントゥーテンの代表的なプロジェクト】
「ドバイ万博日本館」デジタルシフト施策の企画・製作、体験型商業施設「羽田出島|DEJIMA by 1→10」、知育エンターテインメント施設「ENNICHI by 1→10」、夜の旧芝離宮恩賜庭園や名古屋城でのライトアップイベント「YAKAI by 1→10」、市川海老蔵「歌舞伎座百三十年 七月大歌舞伎 夜の部 『通し狂言 源氏物語』」でのイマーシブ(没入型)プロジェクション、サイバーパラスポーツ「CYBER BOCCIA(サイバーボッチャ)S」・「CYBER WHEEL(サイバーウィル) X」、価値ある日本文化のつくり手を応援するファンコミュニティコマース「ENU(エヌ)」など。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ