経営相談チャットサービス「E-SODAN(イーソーダン)」がLINEでもご利用いただけるようになりました

このエントリーをはてなブックマークに追加
中小機構

独立行政法人中小企業基盤整備機構(理事長:豊永厚志、本部:東京都港区)は、Webサイトで提供している経営相談チャットサービス「E-SODAN(イーソーダン)」の、LINEでのサービス提供を開始しました。

E-SODANは、中小企業の方や、その支援者の方が抱える経営に関する悩みにお答えする、経営相談チャットサービスです。AIチャットボットと、専門家とのチャットで構成され、2019年にWebサイトでサービスを開始して以来、多くの方々にご利用いただいています。
更に利用者の利便性を高めるため、2022年12月1日にLINEでのサービス提供を開始しました。
AIチャットボットは、24時間365日いつでもご利用いただけます。専門家とのチャットは、平日9時~17時、みなさまからのご相談にお答えします。

■E-SODAN LINE版


・対象者:中小企業の方、中小企業支援者の方
・費用:無料
・登録方法
(1)アカウント名の検索から追加
LINEアプリ内で「中小機構_チャット経営・起業相談」と検索
(2)QRコードから追加
LINEアプリ内の「友だち追加」画面から「QRコード」を選び、上のQRコードを読み取ってください。

※PC版LINEではメニューが表示されないため、モバイル版でご利用ください。
PCの方は、Web版(https://bizsapo.smrj.go.jp/)でご利用ください。

<E-SODAN>
E-SODANは、中小企業の方や、その支援者の方が抱える経営に関する悩みにお答えする、経営相談チャットサービスで、AIを活用した自動応答(AIチャットボット)と、専門家とのチャットで構成されています。AIチャットボットは、資金繰り改善の方法から新型コロナウイルスで影響を受けた企業向け支援策のご紹介、SDGsの取組方法など、ベーシックな悩みから新しい経営課題まで対応しています。専門家とのチャットは、平日9時~17時、予約不要・無料で中小機構の専門家が経営相談にお答えします。
E-SODAN(Web):https://bizsapo.smrj.go.jp/

<独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)>
中小機構は、事業の自律的発展や継続を目指す中小・小規模事業者・ベンチャー企業のイノベーションや地域経済の活性化を促進し、我が国経済の発展に貢献することを目的とする政策実施機関です。経営環境の変化に対応し持続的成長を目指す中小企業等の経営課題の解決に向け、直接的な伴走型支援、人材の育成、共済制度の運営、資金面での各種支援やビジネスチャンスの提供を行うとともに、関係する中小企業支援機関の支援力の向上に協力します。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ