グリッド、社会インフラ特化型SaaS「ReNom Apps」開発開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グリッド
株式会社グリッド(代表取締役社長:曽我部完、本社:東京都港区、以下:グリッド)は、社会インフラ特化型 SaaS「ReNom Apps For industry SaaS」の開発を開始したことをお知らせ致します。


近年、SaaSの形態は業界を問わない業界横断型のホリゾンタルSaaSに対して、特定の業界に特化したバーティカルSaaSが増加傾向にあり、新たなSaaSとして注目が高まっています。
グリッドは、社会インフラ分野での豊富なAI開発の実績をもとに、社会インフラ分野に特化したバーティカルSaaS「ReNom Apps For industry SaaS」の開発を開始します。

社会インフラ分野の現場で策定される計画業務は、日々刻々と変化する状況に応じて、熟練の担当者が、無数の組合せの中から多大な時間と労力をかけて最良と思われる計画を立案するという業務であるため、属人化や効率化が課題となっております。
こうした課題を解決するべく、グリッドは、電力・海運・サプライチェーン・都市・交通といった社会インフラを支える企業を対象に、AI・デジタルツインを活用し、計画業務の自動化・最適化システムの開発・導入によるDX化を推進してまいりました。また、最適化システムにより、人手では困難であった極限まで無駄を省いた業務運用を可能とすることで、エネルギー削減にも貢献しております。

こうした取組みを通じて蓄積してきたノウハウを利用し、より迅速なサービスの提供と現場での利活用を容易にすることを目的に、社会インフラ分野を総合的に網羅した「ReNom Apps For industry SaaS」の開発を開始いたしました。





今回開発する「ReNom Apps for Industry SaaS」は、電力・海運・サプライチェーンの3分野に特化しております。

「ReNom Apps for Industry SaaS」の各分野の計画領域

電力(ReNom Power)
・発電所の発電機起動・停止計画


海運(ReNom Vessel)
・多様な製品の輸送に対応した配船計画


サプライチェーン(ReNom GX)
・原材料調達、生産計画など、サプライチェーン全域に対応した計画



「ReNom Apps for Industry SaaS」の開発によって、これまで年単位でかかっていた個別の最適化システムの開発が数ヶ月単位に短縮され、複雑な課題に対する高度なソリューションを短期で提供することが可能となる見込みです。
また、SaaS形態で提供することにより、インフラの稼働計画をいつでも、どこでも立案することが可能となり更なる業務効率化が期待されます。

既に、全3分野の標準機能の開発は完了しており、今後は2023年初春の開発完成を目指し、各分野の専門機能を実装するとともに、利便性を高めて参ります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ