TIS、東洋インキSCホールディングスのデータドリブン経営実現に向けたプロジェクトを支援

このエントリーをはてなブックマークに追加
TISインテックグループ
予測型経営DXサービスを活用したAIによる客観的数値に基づくコンサルティングを実施

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡本 安史、以下:TIS)は、東洋インキSCホールディングス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高島 悟、以下:東洋インキSCホールディングス)のデータドリブン経営実現に向けて、製造業向けクラウドサービス「予測型経営DXサービス」のノウハウと、AI予測を活用した仕組み構築の企画構想を支援したことを発表します。


TISの「予測型経営DXサービス」は、AI予測を基にした意思決定による経営高度化を促進し、実績の把握前に早期に対象製品やその製品に影響を与える指標の変化・兆候を把握して分析を行い、企業にとってより意味のあるアクションへつなげることができるサービスです。
東洋インキSCホールディングスは、機能性顔料と樹脂を核に独自のスペシャリティケミカル素材の開発、提案を行い、色材・機能材関連、ポリマー・塗加工関連、パッケージ関連、印刷・情報関連の 4 つのセグメントで事業を展開する化学メーカーです。このたびグループのDX推進の一環として、客観的な数値に基づくデータドリブン経営を目指し、販売計画策定業務におけるAI予測の活用を進めることとしました。

■背景/課題
従来、販売計画策定は経験や勘に頼る部分が大きく、各担当の作業負荷や他部門との調整負荷が高いという課題がありました。そこで、AI予測を活用した客観的な数値に基づく販売計画策定に挑戦することとし、TISとともに企画構想から要件定義までを進めてきました。これにより、経営と各現場が同じ予測や各種分析データといった客観的な情報を基に議論を行い、経験と勘だけに頼らない意思決定が可能になります。


■販売計画策定業務へのAI予測活用に向けた取り組み
TISは東洋インキSCホールディングスのデータドリブン経営の実現に向けて以下の取り組みを実施しました。

1.業務変革のための企画構想を支援
・予測をどのように計画策定業務に活用するかについて、現場部門も交えた検討を推進し、目指す姿を整理

2.実データを使用した予測の有用性検証
・データ分析を得意とする当社グループ会社の澪標アナリティクス株式会社と協力し、現行システムから抽出した販売実績データだけでなく、外部データも含めて予測分析を実施し、予測が有用なケースを整理

3. 企画構想工程で想定した業務プロセスの実務適用要件定義
・企画構想から、スコープを拡げた予測分析の実施と、その結果を受けた東洋インキSCホールディングスに適した予測要件を整理

・予測を活用した業務のトライアルを通じた有用性評価

■今後について
今後、東洋インキSCホールディングスは、生産計画への連携をシームレスに行うなどのサプライチェーン全体のDXを推進するとともに、予測をはじめとするデータの利活用を定着させ、データドリブン経営を実現することで、経営のマネジメントレベル高度化を目指します。
TISは、企画構想で導き出した目指す姿に向け、AI予測を活用した客観的な数値に基づく販売計画策定業務・システムの具体化を支援するとともに、基幹システムへの組込みや適用領域の拡大など、東洋インキSCホールディングスにおける本運用の支援を行ってまいります。

■東洋インキSCホールディングス株式会社からのコメント
東洋インキSCホールディングス株式会社 執行役員グループ情報システム部 部長 中野仁貴氏は以下のように述べています。
VUCA時代での持続成長のためには、データに基づく意思決定の質とスピードの向上が重要と考えています。本検討は、社内で蓄積されたデータに外部データを取り込むことで、よりデータの深化をはかり、経験・勘に頼ることなく、AIを活用した予測思考で、意思決定の迅速化に繋げたい目的があります。今回の販売予測で、「どのような意思決定」を行い、「決定に基づきどう行動すべき」か等、具体的に設計する必要があると考えています。TIS社は、AI予測だけではなく、業務プロセスにも積極的かつ熱心にヒアリング頂きながら実務視点の提案も行って頂いていることを高く評価しております。


■「予測型経営DXサービス」について
予測型経営DXサービスは、景気動向、市場動向といった企業の業績に影響を与える社外データなど多種多様なデータを収集・蓄積し、社内データと掛け合わせてAI予測エンジンで将来の予測分析を行うサービスです。社内外の状況を表す指標の変化・兆候を把握することで、将来予測に基づいた意思決定による経営管理の高度化を実現します。
詳細はhttps://www.tis.jp/service_solution/predictive-management-dx-for-sales/をご参照ください。


■東洋インキSCホールディングス株式会社について
東洋インキ SC ホールディングス株式会社は、1896 年に印刷インキメーカーとして創業し、機能性顔料と樹脂を核に独自のスペシャリティケミカル素材の開発、提案を行っています。色材・機能材関連、ポリマー・塗加工関連、パッケージ関連、印刷・情報関連の 4 つのセグメントで事業を展開し、ヘルスケア、エレクトロニクス、エネルギー分野などに領域を拡げています。変わりつつある新たな社会ニーズに対して、真に必要とされる価値を提供し続けていく企業となるべく、「新たな時代に貢献する生活文化創造企業」を目指しています。
詳細はURL:https://schd.toyoinkgroup.comをご参照ください。


TIS株式会社について(https://www.tis.co.jp/
TISインテックグループのTISは、金融、産業、公共、流通サービス分野など多様な業種3,000社以上のビジネスパートナーとして、お客様のあらゆる経営課題に向き合い、「成長戦略を支えるためのIT」を提供しています。50年以上にわたり培ってきた業界知識やIT構築力で、日本・ASEAN地域の社会・お客様と共創するITサービスを提供し、豊かな社会の実現を目指しています。


TISインテックグループについて
TISインテックグループは、国内外グループ2万人を超える社員が『ITで、社会の願い叶えよう。』を合言葉に、「金融包摂」「都市集中・地方衰退」「低・脱炭素化」「健康問題」を中心とした様々な社会課題の解決に向けてITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして新たな価値を創造し、人々の幸せと持続可能な豊かな社会の実現に貢献します。


※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。


◆本サービスに関するお問い合わせ先
TIS株式会社 ERPコンサルティングユニット ERPコンサルティング営業部
E-mail: pmd-s@ml.tis.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ