『Visual Bank』グループとなったアマナイメージズ、「AI機械学習向け素材提供サービス資料」を公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Visual Bank株式会社
AIデータプラットフォームを開発・提供するFastLabelとの共同提供

Visual Bank株式会社(代表取締役:沼澤裕太、以下『Visual Bank』)の100%子会社で、国内最大級のストック素材販売サイト『amanaimages.com』を運営する株式会社アマナイメージズ(以下アマナイメージズ)とAIデータプラットフォームを開発・提供するFastLabel株式会社(代表取締役CEO:上田英介、以下FastLabel)は、AI倫理に準拠できる権利監修プロセスの紹介を含めた「AI・機械学習向け素材提供サービス資料」を公開いたしました。





「AI機械学習向け素材提供サービス資料」公開の背景


米Open AI社の「GPT-4」、米Google社の「PaLM」、米Meta社の「LLaMA」といった様々な大規模言語モデルが公開されたことを受け、テキストコンテンツを生成することが可能な生成AI(Generative AI)技術が急速に発展しています。

その他、英Sutability AI社の「Stable Diffusion」を代表とする画像生成AIも登場し、画像、テキスト、音声など、様々なデータの領域で生成AIが注目を浴びています。

一方、生成AIによって生み出されたコンテンツの権利、並びに生成AIに再学習させるデータの権利をどのように担保していくのかについては、AI機械学習関連サービスを開発する企業側に委ねられており、AI倫理の観点から権利クリアなデータの重要性が増しているのが現状です。

この度、お客様からAI倫理に準拠できる権利監修プロセスの問い合わせが多数寄せられていることを背景に、改めてそれらの権利監修プロセスの紹介を含めた「AI・機械学習向け素材提供サービス資料」を公開いたしました。

「日本の創造物の価値を最大化・最適化される社会を創る」というグループ理念のもと、アマナイメージズでは、AI機械学習領域においても、権利クリアな安全・安心のビジュアル素材の管理・流通を担う企業として、ビジュアルの適切な扱い方や、著作権に関する広報・教育・普及活動をより強化してまいります。


「AI機械学習向け素材提供サービス資料」概要



■資料ダウンロードリンク
https://prtimes.jp/a/?f=d108024-20230330-382ee6d09600aa20e1bf0e1288a7f396.pdf
■主な内容
・AI機械学習用途に特化した高度な撮影・収録機能
・「安心・安全」な機械学習用素材提供を実現する権利監修プロセス


会社概要

Visual Bank株式会社
-代表者:沼澤裕太(代表取締役)
-本社所在地:東京都世田谷区
-代表電話:03-3740-2055
-会社概要:https://visual-bank.co.jp/

株式会社アマナイメージズ
-代表者:代表取締役CEO:沼澤裕太
-本社所在地:東京都品川区東品川2-2-43
-会社概要:https://amanaimages.com/about/
-AI・機械学習向け画像・動画提供サービス特設サイト:https://amanaimages.com/lp/machine-learning/

FastLabel株式会社
-代表者:代表取締役CEO 上田 英介
-本社所在地:東京都品川区北品川5-5-27 201号
-会社概要:https://fastlabel.ai/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ