ECのデータ集計、分析、発注リスト作成まで完全自動に 発注業務の効率を改善

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社infonervは7月21日、自動発注AI「α(アルファ)-発注」とHamee株式会社が提供するクラウド(SaaS)型 EC一元管理ツール「ネクストエンジン」とのAPI連携を開始したと発表した。

本連携により、「ネクストエンジン」に登録されている在庫データを利用して「α-発注」が適切な発注リストを自動生成できる。通常は発注担当者が商品ごとにデータを集計し、時間をかけて発注リストを作成するが、データ集計、分析、発注リスト作成まで完全自動でできるようになり、発注業務の効率改善やミス防止に役立つという。

「α-発注」とは

「α-発注」は、東京大学の研究者チームが開発した、EC小売・卸売事業者向けの自動発注AIだ。本AIを利用して発注リストを作成すると、発注作業の時間を短縮できるだけでなく、過剰発注や在庫切れによる売り逃しなどを効率よく削減できるという。

2021年5月からサービスの提供を開始し、化粧品、アパレル、家具、雑貨や小物など幅広いジャンルで導入が進んでいる。

本連携について

連携開始の背景

従来でも「ネクストエンジン」に登録されているデータを利用して「α-発注」のAIを利用できたが、CSVファイルのエクスポート・インポートを手動で実施する必要があった。

その際、両ツールのデータフォーマットに沿ってデータを生成しなければならず、連携に手間や時間がかかり、日々運用する上で負担となっていた。

本連携により、ボタン1つでデータが連携できるようになり、発注業務の効率が改善するとしている。

面倒なデータの集計、分析が不要に

EC小売り・卸売り事業者は従来、複数の販売チャネル(ECモールや自社サイト等)における在庫データや販売データをエクセルなどのソフトで集計し、商品個別の売れ行きや在庫情報を参考にしながら発注リストを作成するのが一般的だった。

「α-発注」を利用すると、「ネクストエンジン」で管理している複数の販売チャネルを統合した在庫データを利用して、AIが適切な発注リストを自動で生成する。利用者はデータの集計や分析の手間を省けるうえ、AIによる精度の高い発注により過剰発注や欠品による売り逃しを防げるという。

利用方法

「α-発注」の「発注量更新」ページ内で「NEXT ENGINE 同期」ボタンを押すとデータが連携され、自動で適切な発注リストを生成する。

利用するには事前申請が必要で、連携機能は両ツール(α-発注・ネクストエンジン)と契約しているユーザーが対象。

>>ニュースリリース