営業支援AIツール「ACES Meet」が笑顔比率と視線分布を表示可能に 信頼感や安心感の醸成を促進

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ACESは11月10日、同社が提供する営業支援AIツール「ACES Meet」において、新たに商談中の表情を解析し笑顔の割合を可視化する「笑顔比率」と、カメラに対しての視線の向きを判定する「視線分布」の分析レポートをリリースしたことを発表した。本機能を使うことで、商談や接客での第一印象を高め、信頼感や安心感の醸成につなげる。

同社はこれまで、オンライン商談における成約率の向上と現場の工数削減に貢献する営業支援AIツール「ACES Meet」を幅広い業界に提供してきた。今回、オンライン商談における信頼関係の構築や営業担当者の印象向上などの商談の改善を目指し、商談中の表情を解析し笑顔の割合を可視化する笑顔比率指標をリリースした。また、カメラに対しての視線の向きを判定する視線分布指標も合わせてリリースした。

笑顔比率指標

笑顔比率指標は、会話中に笑顔と判定された時間の比率を、発話している間の「トーク中」と発言を聞いている間の「ヒアリング中」に分けてパーセンテージで表示する。笑顔の比率を分析できる対象者は、ミーティングのホストを含む2名で、社外の発話者が優先して割り当てられる。

視線分布指標(ベータ版)

視線分布指標は、カメラを基点とし、顔の向きや視線の動きを評価する。画面を9分割し、顔や目線が向く時間の割合をパーセンテージで表示する。本機能は現在ベータ版での実装となっており、順次アップデートを予定している。

ユースケース

ACES Meetにおける笑顔比率指標と視線分布指標を使うことで、AIによる分析レポートを参照でき、成約・失注要因の分析や可視化が可能になる。また、研修内容の質が向上することで、教育コストの削減も見込めるなど、以下のようなユースケースが考えられる。

  • 社内の研修、模擬商談
  • 面接官との1対1の模擬商談を実施することで、出てきた結果・指標を元に改善点を可視化

  • 商談
  • 上手くいった商談といかなかった商談の分析結果を元に、自身の商談の振る舞いを改善

  • 面接・評価
  • 面接官の面接中の振る舞いを改善
    社内のハラスメント防止やエンゲージメント向上

>>ニュースリリース