農業者の平均年齢67歳、野菜を自動収穫するロボットで収益2倍に

このエントリーをはてなブックマークに追加


高齢化と担い手の不足という危機を迎える農業。日本の農業者の平均年齢は67歳。

農作業の50%以上の時間は収穫と出荷作業に費やされている。そのなかでも、収穫作業を省力化・効率化すれば農業所得を向上させられるのではないか。

AGRIST株式会社(アグリスト)は1月31日にAIを活用した農産物の自動収穫ロボットを開発。今年1月からビニールハウスで運用を開始していると発表した。これは、収穫量の向上を実現し、農家が抱える課題を解決するロボットだそうだ。

農家の声から生まれた収穫ロボット

地元農家と共同開発したロボット

宮崎県児湯郡新富町の若手農家は、スマート農業の実践と収益拡大を目指し、月1回の勉強会「儲かる農業研究会」を開催している。その会員でもあり、JA児湯の理事を務めるピーマン農家・福山望氏とアグリストは、ピーマンの自動収穫ロボットを共同で開発し、2020年1月から福山氏の農場でロボットの運用を開始した。

農家と共同開発をするにあたり、従来の「地面を自走する方式の収穫ロボット」の課題について意見交換と議論を重ねた。

「地面を走って収穫を行う場合、圃場が平らでないためにロボットが転倒してしまったり、圃場にある機械や装置が邪魔になり移動ができなかったりする可能性がある。更に、従来のロボットアーム型の収穫機では、価格も高くなり、保守管理も大変になるのではないか。」

こうした農家からの声から生まれたのが今回発表された「吊り下げ式ロボット」だ。

宮崎県内の農業関係者30名が収穫ロボットを視察

アグリストの公式サイト(外部サイト)によれば、同社のロボットは「感覚的に農家さんが操作できるユーザーインターフェイスを実現します」とうたっている。ボタンひとつで動き出し、バッテリーの充電や再生停止も1クリックで可能。シンプルな構造にしたからこそ、農家に対して低価格でサービスを提供できる。

AIと画像認識技術については、宮崎県新富町の農家の協力をもとに膨大な野菜関連の写真を収集する。果実の認識精度を高めながら、ロボットの効率性をアップデートするそうだ。

将来的には、1反あたりの収穫量の20%以上改善を目指すという。また、ロボットで収集するデータを解析することで、病気の早期発見を実現していく。アグリストは、農業にイノベーションを起こし、生産者の収益を2倍以上に改善させ、農業所得の向上が目標だ。

>>AGRIST株式会社
>>プレスリリース(PR TIMES)

AIによって高糖度トマトを安定生産

アグリストは農作業における「収穫」を手助けするAI搭載ロボットを開発したが、農業におけるAIの活用は多岐にわたる。農業にAIを活用したことで、“より良い農作物”を作れるようになった事例がある。

株式会社Happy Qualityは2月5日、静岡大学との共同研究である、AI(人工知能)の判断に基づく灌水(かんすい)制御によって糖度トマトを高い可販果率での生産成功を発表した。

研究開発と実証実験の結果、AIの判断に基づいた灌水制御では平均糖度9.46の高糖度トマトを、バラつきを抑えて容易に栽培できることを示した。さらに、急な天候変化に追従した適切な灌水制御によって、従来の日射比例方式による灌水制御に比べ果実の裂果を大幅に減らし、高糖度トマトを高い可販果率(95%)で生産できることも確認している。

Happy Qualityが目指すのは、AIなどのテクノロジーを活用することにより高品質・高機能な農作物を誰でも安定的に栽培できる栽培技術の確立だ。同社の実験結果などは下記記事から確認してほしい。