AIのわからないことを解決できるサイト「AI Hack」がオープン

このエントリーをはてなブックマークに追加

エッジテクノロジー株式会社は10月30日、株式会社カスタメディアが提供する「カスタメディア」をベースに、プログラミングに関する情報を共有したり、わからないことを解決できるとうたうポータルサイト「AI Hack」を構築したと発表。

「AI Hack」は、プログラミングに関する「わからない」を共有できる、AIに興味のある初学者やビジネスサイトの経営者に向けたメディアサイト。AI活用に必要なプログラミング(Python)をはじめ、データの前処理やアルゴリズム、パラメーターチューニングなどについての情報を交換する場として構築したという。

同ポータルサイトは、プログラミングなどに関する情報を探しやすいように、シンプルなつくりで構築したという。たとえば、具体的に気になる情報があれば、タグランキングやタグ一覧から、気になるカテゴリの情報を検索し、見つけられる。また、人気記事ランキングやいいねランキングから、人気の情報を見つけやすいとのこと。

さらに、自分のプログラミング知識や日々の学び、気づきなどを気軽に投稿ができる。そのため、自分の知識はアウトプットの場として利用可能。ユーザーが発信するさまざまな情報をインプットし、日々のプログラミング技術向上につながるとした。

また、AI専門のプログラミングスクール「AI JobColle」と連携している。同プログラミングスクールでは、経験豊富な現役AIエンジニア・データサイエンティストから、Pythonやデータの前処理やアルゴリズムなどについて体系的に学べるというもの。「AI JobColle」と連携をすることで、今後活躍できるAIエンジニアを同ポータルサイトから排出し、AIのさらなる発展につなげるとする。

AIの普及にともない、現在、AIエンジニアが世界各国で求められている。また、変化と競争の激しい世界と言える。そのため、AIエンジニアの需要はこれから先も増える傾向にあるものの、高度なスキルが要求されると考えられる。

エッジテクノロジーはこのような状況を受け、将来性が明確になっていないAIエンジニアに向けて、業界の今後についての情報交換や、これからAIエンジニアを目指す初学者が情報を集める場が必要と考え、「AI Hack」を生み出したとしている。

>>ニュースリリース

AIエンジニア育成プログラムって実際どうなの?スキルアップAIの「E資格」認定講座を受けてみた結果

なお、Ledge.ai編集部では、AIエンジニアにも最適と言える日本ディープラーニング協会(JDLA)による「E資格」について、スキルアップAIの「現場で使える機械学習・データ分析基礎講座」「現場で使えるディープラーニング基礎講座」の2講座をレポートしている。

気になる人は以下の記事をチェックしてほしい。