AIがゲームで人間を超える。「不完全情報ゲーム」攻略を目指すAIプロジェクト

このエントリーをはてなブックマークに追加

チェス、将棋、囲碁などでAIがプロに勝利できるレベルまで成長していることは、メディアに大きく取り上げられているので知っている人も多いと思います。

上記のゲームでAIが人に勝利することができた一つの要因に、お互いの情報が完全に出そろっていることが挙げられます。将棋や囲碁のように試合全体の情報が明らかになっているゲームは、「完全情報ゲーム」と呼ばれ、AIの演算能力の高さが活きるわけです。

一方、相手プレイヤーの手札や情報を把握できないゲームを「不完全情報ゲーム」と呼び、駆け引きが重要とされているため、AIの苦手な領域だと言われていました。ですが、世の中にはAIで不完全情報ゲームを攻略している団体があります。

世界的な人気を持つ不完全情報ゲームの代表格、人狼ポーカーを攻略する団体を合わせてお届けします。

人狼ゲームを攻略する「人狼知能プロジェクト」

不完全情報ゲームの中でも人気が高い人狼ゲーム

人狼ゲームの基本ルールを簡単に説明すると、

  • 村人チームと村人に扮した人狼チームに分かれてゲームが進行
  • 昼と夜のターンがあり、昼には村人に扮した人狼を含め全員で話し合い、人狼だと思う1プレイヤーを多数決でゲームから除外
  • 夜には人狼のみが無言で協議し、1プレイヤーを除外

これを繰り返し、村人と人狼の数が同数になった時点で人狼チームが勝利し、村人の方が多いうちに人狼全員をゲームから除外できれば村人チームの勝利となる駆け引きが重要なゲームです。

完全情報ゲームと違い、複雑なコミュニケーションから答えを導き出す必要があるため、人間でも飛び抜けて高い勝率を出すことが難しいゲームです。

その人狼ゲームをAI研究の対象にしているのが「人狼知能プロジェクト」。

人狼知能プロジェクトは情報や人工知能などの専門家たちが集まり「人間と自然なコミュニケーションを取りながら人狼をプレイできるエージェントの構築」を目指しています。

人狼知能プロジェクトの活動は多岐にわたり、

  • 人狼知能大会の開催
  • 人狼知能ハッカソンやセミナーの開催
  • 人狼知能関連の論文・書籍発表
  • 人狼知能プラットフォームの公開

などが精力的におこなわれています。

ちなみに、第1回の人狼知能大会が開催されたとき、自然言語処理は大会要件に含まれておらず、特定の単語のみを使いAI同士がプレイしていたようですが、第3回大会からは自然言語処理部門が新設され、より自然なプレイに近い形で大会が行われているようです。

人狼知能プロジェクトのユニークな点は、「人間と自然なコミュニケーションを取りながら人狼をプレイできるエージェントの構築」というゴールに多くの優秀な研究者やエンジニアが集まり、一歩ずつゴールに向かって前進していること。

今後のプロジェクトアップデートも楽しみです。

1 2