教官に代わってAIが指導、AI教習システムを共同開発

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミナミホールディングス株式会社、株式会社ティアフォー、株式会社ブレインフォーは9月1日、AI(人工知能)教習システムの開発、そして事業化に向けて協業することに合意したことを発表した。

共同開発するのは、自動運転技術を活用した運転技能検定及び教習システムだ。このシステムは、社会課題となっている自動車教習における人材不足や、運転免許取得教習及び高齢ドライバー向け運転技能検定の受け入れ難などの解決を目的としている。

AI教習システムでは、指導員の負担を軽減するだけではなく、それまでに存在していた指導員ごとの評価のばらつきといった問題解決も期待できる。また、自動運転技術を用いることにより、正確な車両位置や周辺環境の読み取りが可能となる。

AI教習システムの事業化に向けた活動として、2020年9月28日に南福島自動車学校にて、AI教習システムを用いた試乗会を実施する予定だ。

そこでは、AI教習システムを使った「運転技能検定」と「運転技能教習」の体験が可能。免許取得教習のなかでも苦手とする人が多いS字走行を、指導員に代わってシステムが指導する様子も体験できる。

>>ニュースリリース