rinna、日本語GPT-2/BERT事前学習モデル無償に:人工知能ニュースまとめ10選

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像はUnsplashより

日々、目まぐるしく進化、発展を遂げるAI(人工知能)業界。さまざまな企業が新しいサービスを開始したり、実験に取り組んだりしている。

そこで本稿ではLedge.aiで取り上げた、これだけは知っておくべきAIに関する最新ニュースをお届けする。AIの活用事例はもちろん、新たな実証実験にまつわる話など、本稿を読んでおけばAIの動向が見えてくるはずだ。

総務省、社会人データサイエンス演習が無料に 講師は松尾豊氏ら

総務省は9月28日の14時から、実践的なデータ分析の手法を学習できるとうたう、データサイエンス・オンライン講座「社会人のためのデータサイエンス演習」を開講する。登録料および受講料は無料。

本講座では、ビジネスや行政での活用を想定しており、社会人や大学生に向けて、ビジネスや業務上での分析事例を中心に実践的なデータ分析(統計分析)の手法をわかりやすく解説するという。前提条件は表計算ソフトMicrosoft Excelの基本的な操作ができること。

「保育園落ちた日本死ね」から5年、6割の保育施設が「DXに取り組んでいない・わからない」

日本中が注目した「保育園落ちた日本死ね」から、はや5年。保育施設は年々増えているものの、未だに保育士不足や待機児童問題は横たわっている。各所でDXの必要性が叫ばれているが、保育業界ではDXは進んでいるのか。

トライトグループは、保育従事者男女307名を対象に「保育施設におけるDX実態調査」を実施し、組織内の知見不足がDX推進のネックになっていると発表した。

rinna、日本語に特化した「GPT-2」「BERT」事前学習モデルを無償公開 75ギガバイトのデータを最大45日間で学習

元女子高生AI「りんな」などで知られるrinna株式会社は8月25日、製品開発のための実験過程で、日本語に特化した「GPT-2」と「BERT」の事前学習モデルを開発したと発表。

日本語の自然言語処理(NLP)の研究・開発コミュニティに貢献するために、開発した事前学習モデルとその学習を再現するためのソースコードを、GitHubおよびNLPモデルライブラリHuggingFaceにMITライセンスのオープンソースとして公開した。

イーロン・マスク氏「長期的にはベーシックインカムが必要」人間型ロボット開発に意欲

米テスラの共同創業者兼CEO(最高経営責任者)であるイーロン・マスク氏は8月19日(米国時間)、「Tesla AI Day」のなかで、人間型ロボット「Tesla Bot」を開発すると表明した。全国民に無条件で一律の現金を給付する「ユニバーサル・ベーシックインカム(UBI)」の必要性にも言及している。

イーロン・マスク氏が開発すると話したロボットは身長が約173cm(5フィート8インチ)、体重は約57kg(125ポンド)。8台のカメラやフルサイズの駆動コンピューターを備えており、自動操縦システムを採用している。ボルトを手に持ってレンチで車に取り付けたり、店に行って食料品を入手したりできるという。

日本語でBERTが動くイメージを知ってほしい。『BERTによる自然言語処理入門』の著者に聞く

6月に販売開始した、ストックマーク株式会社の機械学習エンジニアによる共著『BERTによる自然言語処理入門:Transformersを使った実践プログラミング』(オーム社)。売れ行きも好調で、発売日の前から重版が決定していた。

「入門」と銘打っているが、はじめて自然言語処理を体験する人や、非エンジニアでも読めるのか?本書の魅力をさらにフカボリすべく、執筆をリードした、ストックマーク株式会社 R&D マネージャーの近江 崇宏氏に話を聞いた。

囲碁の対局中に抜き打ち身体検査 スマホ所持は反則負け、AIを用いた不正防止

囲碁の日本棋院は、AIを用いた不正を防止するため、対局中に抜き打ちの身体検査および手荷物検査することを決定した。新聞各社が報じている。

朝日新聞の報道によると、今後は抜き打ちで対局を中断し、金属探知機で身体検査と手荷物検査を実施する。スマホなどの電子機器を所持していることが明らかになった場合、すぐに反則負けと判断し、対局停止などの重い処分を検討するという。ただし、読売新聞による報道によると、具体的な実施時期などは未定とのこと。

AIでこの世に存在しない政治家たち650名を生成するサイト「驚くほどもっともらしい」

今回はAIを活用することで、この世に存在しない英国の下院議員(MP)を650人も生成するサイト「This MP Does Not Exist(このMPは存在しない)」をご紹介したい。

当時、海外のSNS上では本サイトが生み出す架空の政治家について、「驚くほどもっともらしい」「もっともらしくない人物は1人も見つからなかった」などのコメントが見られた。

データサイエンティスト協会、オンライン養成講座を9月から開始 学生は無料

データサイエンティスト協会は8月19日、「データサイエンティスト養成講座オンライン」を9月から開講すると発表した。カリキュラムはプログラミングに初めて触れる人向けの入門講座と、プログラミング経験、統計学の基礎知識を持つ人向けの本編講座との2部構成だ。

入門講座はPythonのプログラミングに自信がない人が対象。本編講座に入るまでの基礎知識として、Jupyter Notebookの使い方からはじまり、Pythonの基本文法やPandasを学ぶ。本編講座とのセット受講が必須とのことだ。

東芝、性能と演算量を学習後に調整できるAI技術を開発 世界トップ級の分類性能か

株式会社東芝は8月20日、国立研究開発法人理化学研究所(理研)と共同で、学習済みのAIをできるだけ性能を落とさず、演算量が異なるさまざまなシステムに展開できる学習方法「スケーラブルAI」を開発したと発表した。

本技術を画像中の被写体分類に用いたところ、演算量を3分の1に削減した場合でも、分類精度の低下を従来のスケーラブルAIの3.9%から2.1%に抑えられた。世界トップレベルの分類性能を達成したとうたう。

新型コロナ9月中旬まで陽性者数75万7532人 GoogleのAI予測

感染力が強い変異ウイルス「デルタ株」への置き換わりが進み、東京都内を中心に新型コロナウイルス感染症(COVID‑19)における「過去最大規模」の感染拡大が起きている。

米Google(グーグル)が提供するAIを活用した新型コロナウイルスの感染予測サービス「COVID-19感染予測(日本版)」では、8月18日から9月14日の4週間にかけて、日本全国での陽性者数は75万7532人、死亡者数は1740人と予測される。

そのほか、最新AIニュースはこちらから