NEC、ゆうちょ銀行にAI-OCRを提供 数千種類ある帳票の読み取りを自動化

このエントリーをはてなブックマークに追加


日本電気株式会社(以下、NEC)は10月7日、株式会社ゆうちょ銀行の事務システムへAIを活用したOCR(以下、AI-OCR)を提供することを発表した。AIが学習することで高い文字識字率を実現し、従来のOCRでは正確に読み取ることが難しかった手書き文字の読み取りが可能になる。

本機能をゆうちょ銀行の後方事務で活用することで、自動払込利用申込書の内容と顧客情報との照合処理を従来比で約60%効率化するという。本機能は2021年2月から稼働開始予定としている。

>> プレスリリース

NEC、AI-OCRをゆうちょ銀行に提供 処理業務の約60%効率化を実現

金融業界では、膨大なバックオフィス業務に正確性とスピードが求められ、ICTによる業務改革の推進が喫緊の課題となっている。なかでも、自動払込利用申込書受付にともなう事務処理は帳票の種類が数千あるため、すべての手書き文字を従来のOCRで読み取ることは難しく、読み取り精度の向上が求められてきた。

そこで、NECとゆうちょ銀行は、読取精度の高いAI-OCRを活用することで処理を自動化し、業務効率化を進めることで課題解決に取り組んでいく。

本機能は、実際に取り扱われている帳簿の手書き文字を学習させることで、ゆうちょ銀行向けの学習モデルを生成し、全国各地の数千種類ある帳票の手書きの文字を正確に読み取ることが可能だ。

また、ゆうちょ銀行では、本機能を全国11カ所の貯金事務センターで取り扱う、年間約1400万件におよぶ自動払込利用申込書の処理業務に導入することにより、業務の効率化と堅実性の向上を実現するという。

>> プレスリリース

アジラ、特殊な非定型帳票に対応したAI-OCR向けフレームワークを開発

業務効率化を促進するためにAI-OCRなどの最先端技術の開発・提供に取り組む例はほかにもある。

株式会社アジラ2020年8月24日、特殊な非定型帳票に対応するため、新開発フレームワーク「freeFormer(フリーフォーマー)」の適用を開始した。

今回発表されたフリーフォーマーは、アジラ社が2019年から手掛けたレシートや請求書の非定型OCR開発でのノウハウを活用し、非定型モデル開発に共通の行程やプログラムを整理・体系化したものだ。すでにレシート非定型は実務に導入され、ユーザー企業の業務拡大や効率化に貢献しているとプレスリリースでは明かされている。

フリーフォーマーの項目分類AIは、自然言語処理と項目位置情報をもとに学習する独自のアルゴリズムが用いられている。これにより、従来の非定型モデルよりも、人が帳票を見た際に経る思考過程が再現されているという。

アジラでは現在、一般的で利用頻度の高い特定帳票に関する共同開発パートナーを募集している。開発された非定型モデルは、SaaS版ジジラ(アジラが提供するAI-OCRサービス)に組み込むとともに、パートナーへの低料金での提供や、共同販売契約など先行投資メリットがシェアされるとのこと。