マルチモーダルモビリティサービスを体感!AI活用型オンデマンドバス『のるーと』に対応したルートの提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタファイナンシャルサービス株式会社、株式会社ナビタイムジャパン、西日本鉄道株式会社、ネクスト・モビリティ株式会社は2022年11月1日(火)より、マルチモーダルモビリティサービス『my route』にて、AI活用型オンデマンドバス『のるーと』に対応したルートの提供を開始した。『のるーと』は、ユーザーのリクエストに応じて運行する乗合型交通で、予約時に配車時間が決まり、あらかじめ決まったダイヤがない仕組みのバスだ。

さまざまな移動手段を組み合わせたルートを提供する『my route』

『my route』はこれまでも『NAVITIME API』の経路探索技術を活用し、徒歩、鉄道、バス、飛行機、車(タクシー、レンタカー、自家用車)、自転車(シェアサイクル、自家用自転車)などさまざまな移動手段を組み合わせたルートを提供してきた。今回『NAVITIME API』で新たにオンデマンドモビリティの運行時間帯を考慮したルート検索が可能になり、『のるーと』を含んだマルチモーダルルートの提案が可能になった。

対応エリアはアイランドシティエリア(福岡市東区)で、『my route』のルート検索にて『のるーと』を含む経路が表示された際は、検索結果からそのまま予約専用アプリに遷移し、予約を行える(予約には『のるーと』アプリのダウンロードと登録が必要。実際の出発/到着時刻は、配車予約確定後に『のるーと』アプリにて確認できる)。

※『NAVITIME API』とは
ルート検索やスポット検索・地図表示などの機能を、APIにて法人向けに提供するサービス。ユーザーの業務システムやwebサイト・スマートフォン向けアプリなどに簡単に組み込み連携させることが可能。また運行時間を考慮したオンデマンドモビリティを含むマルチモーダルなルート検索機能は、webコンテンツでも提供中。API同様にユーザーのwebサイトやアプリに機能を追加できる。

リクエストに応じて運行する乗合型交通『のるーと』

ユーザーのリクエストに応じて運行する乗合型交通の『のるーと』には、決まったダイヤがなく、予約時に配車時間が決まる仕組みとなっている。ルート検索時に運行時間帯を考慮することで、早朝や深夜などの運行時間外にはルート検索結果に『のるーと』が表示されない。

『のるーと』はAIが利用データを蓄積・学習することで、より効率的な運行が可能となっている。さらに普通二種免許での運転が可能なためドライバー採用の裾野が広がり、バス乗務員不足解消にも期待できる。現在『のるーと』は福岡県5ヶ所、県外6ヶ所などにサービスを展開中。

『のるーと』対応でオンデマンドモビリティのサービスを体感

『のるーと』への対応により、『my route』を利用するなかで自然とオンデマンドモビリティのサービスを体感できるようになる。
今後も『my route』では、『のるーと』の宗像エリア・壱岐南エリアなど『my route』対象エリア内のオンデマンドモビリティへ対応することで、利用者のさらなる利便性向上を図っていくという。『NAVITIME API』でも、オンデマンドモビリティのさまざまな運行形態に柔軟に対応したルート検索ができるよう、技術開発が進んでいく見通し。

■『my route』https://www.myroute.fun/
■AI活用型オンデマンドバス『のるーと』https://knowroute.jp/index.html
■『NAVITIME API』https://api-sdk.navitime.co.jp/api/maas/

>>ニュースリリース