清掃員不足を解決へ、AI掃除ロボットを無償提供 ソフトバンクロボティクス

このエントリーをはてなブックマークに追加


ソフトバンクロボティクス株式会社は4月15日、AI掃除ロボット「Whiz(ウィズ)」と科学的な方法で清掃をサポートする「施設清潔度診断サービス」の無償提供を発表した。無償提供する期間は2020年4月15日~2020年6月30日を予定している。なお、申し込み期限は2020年5月15日までだ。

昨今の新型コロナウイルスなどの菌やウイルスへの対策への対策意識や清掃業務に関するニーズが高まっていることで、清掃業界や清掃員の負担が増えている。これを受けて、ソフトバンクロボティクスは「医療施設、隔離施設」「介護施設」「官公庁、金融機関」「スーパーマーケットやドラッグストアなどの小売」「駅、空港」「工場、物流」といった生活インフラ6業種を対象に、AI掃除ロボットなどを提供する。

清掃業への負担軽減を目的としたサービス提供

Whizは、主にカーペットなどの床の清掃を目的としたAI清掃ロボットである。Whizの使用方法は、はじめに手動で清掃させたいルートを記憶させる。そのあとは、スタートボタンを押すだけで一度覚えたルートを自動走行する。

また同じく提供される施設清潔度診断サービスを利用すれば、施設の床の清掃具合と空気中の清浄度を数値化し、清掃具合を把握が可能になる。ロボットと人間の清掃作業を分担させる清掃方法の構築をサポートすることで、施設をよりきれいにするとともに、清掃員の負荷を減らす解決策をソフトバンロボティクスが提案する。


【PR】
sponsored by 株式会社 TACT

プレスリリースでは、2020年4月にソフトバンクロボティクスが清掃従事者を対象に実施した新型コロナウイルスと清掃業務に関する市場調査(n=124人)の結果も公開している。

以下は、その調査における質問と回答だ。

Q.昨今の新型コロナウイルス対策の以前と以後で、求められる清掃品質や清掃業務の内容に変化はありましたか?

Q.前問で、求められる清掃品質や清掃業務の内容が変化したとお答えした方に聞きます。具体的にどんな作業が増えましたか?

Q.新型コロナウイルス対策が求められる中で、どんな思いで清掃業務を行なっていますか?


現在は新型コロナウイルスの影響拡大により、物理的な作業負荷だけでなく、精神的負荷の増大も顕著になってきている。

ソフトバンクロボティクスは、Whizの提供を通して、清掃業界の人手不足や清掃作業の効率化といった課題に取り組んできた。また、目には見えづらいとされる「隠れダスト」の存在や、床の清掃具合と空気中の清浄度に相関関係があることなど、清掃方法を科学的に改善している。

そして同社は、本稿冒頭で記載したとおり、新型コロナウイルスの影響で負担が増大した清掃業務員の状況を改善するための支援として、4月15日~6月30日の期間、生活インフラ6業種を対象にWhizの無償提供と、人間とロボットの作業を分担を可能にする施設清潔度診断サービスを実施する。

ソフトバンクロボティクスが狙うのは、人々の生活を最前線で支えている清掃員などの負担軽減だ。

>> プレスリリース
>> ソフトバンクロボティクス 公式サイト