AI TALK NIGHT vol.13 開催!テーマは『自然言語処理の活用トレンドとビジネス実装の勘所』

このエントリーをはてなブックマークに追加

レッジがAIのスペシャリストを招いて開催する「AI TALK NIGHT」。第13回開催のお知らせです。

AI TALK NIGHTとは?
成長著しいAIソリューションを、どうやって自社の業務やサービスに活かせばいいのか?「AI TALK NIGHT」は、そんなAI導入を検討している企業がもつ悩みを、AIのスペシャリストのゲストに直接ぶつけられる無料のトークイベントです。様々な会社のイベントスペースで定期開催しています。過去のイベントレポートは下記から。
【Microsoft×電通】使えるAIを作るためには「仮説」と「現場の声」が不可欠
「PoC、ぶっちゃけいくら?」製造業とAIの“リアル”をベンダー3社が語る

第13回目となる今回のテーマは『自然言語処理の活用トレンドとビジネス実装の勘所』です。

近年、AIやデータ活用を推進するソリューションは凄まじい勢いで成長を続けています。自然言語処理の分野においても、BERTなどの誕生により文脈理解の精度が上がるなど、技術への期待が高まっています。

そこで本イベントでは、近年の自然言語処理の活用トレンドや事例から学べるAI活用の勘所を、トークセッション形式でお伝えします。AI活用に関するヒントを得られる機会となっております。

参加費は無料となっておりますので、ぜひお気軽にお申込みください。

登壇者紹介

ライオンブリッジジャパン株式会社 AI事業部長
Cedric Wagrez (セドリック・ヴァグレ)

フランス出身。開発ツールの会社(インフラジスティックス)、オンラインプラットフォーム(Gree)、受託開発の会社を含めて、日本のIT企業で15年以上の経歴を持つ元エンジニア・プロジェクトマネージャー。2016年より、オペレーション部長として株式会社Gengoへ参画し、2018年にはGengoがLionbridgeの子会社化。現在はLionbridgeの日本AI事業部長に就任。海外のお客様との取引経験が豊富で、日本にもベストプラクティスの知識や、革新的なAI導入の支援をすることにに関心を持っている。

ベイシス・テクノロジー株式会社 代表取締役
長谷川 純一

日本支社の代表取締役を務めるとともに、ベイシス・テクノロジーのアジア地域の事業戦略、営業、マーケティングを担当。これまでも新しい市場や事業モデルの創出を積極的に追及してきており、最近では、インドネシアを始めとする開発途上国での金融包摂を推進するスタートアップの起業。それ以前は、eコマースの黎明期にアマゾンの日本事業を成功裡にスタート、PeopleSoft/Oracle でERPシステムの開発および困難な導入プロジェクトの完遂、PowerBuilderを日本市場に展開しクライアント/サーバー コンピューティングの浸透に貢献。

株式会社レッジ 執行役員 / Ledge.ai編集長
飯野 希(モデレーター)

株式会社レッジの執行役員兼Ledge.ai編集長。2016年3月に株式会社ビットエーへ入社。AI特化型メディア「BITAデジマラボ(現Ledge.ai)」を立ち上げ、編集長に就任し、日本最大級のAIメディアに成長させる。AIコンサルティング事業の立ち上げも行い、2017年10月にはBITAデジマラボの部隊を株式会社レッジとして子会社化。

申込みはこちらから

お申込みはこちらから。参加費は無料です。定員を超えて以降のお申し込みは、抽選とさせていただきますので、お早めのお申し込みをお願いいたします。

開催概要

イベント名AI TALK NIGHT vol.13 『自然言語処理の活用トレンドとビジネス実装の勘所』
開催場所GMOインターネット株式会社「GMO Yours」
(東京都渋谷区桜丘町26番1号)
開催日時2019年11月26日.Tue 19:00~21:00
登壇者<スピーカー>
セドリック・ヴァグレ(ライオンブリッジジャパン株式会社 AI事業部長)
長谷川 純一(ベイシス・テクノロジー株式会社 代表取締役)
<モデレーター>
飯野 希(株式会社レッジ 執行役員 / Ledge.ai編集長)
定員120名
参加費無料
タイムライン18時30分 参加者受付開始
19時00分 開始 / 登壇者紹介
19時05分 基調講演 – ライオンブリッジジャパン株式会社 セドリック氏
19時30分 パネルディスカッション『自然言語処理の活用トレンドとビジネス実装の勘所』
20時15分 質疑応答
20時20分 懇親会
21時00分 終了
申し込み方法お申し込みフォームより受け付けております。

協賛企業のご紹介

今回のイベントは、GMOインターネット株式会社より協賛いただいております。
GPUクラウドは、NVIDIA社の最新GPU「Tesla® V100」と、高速インターコネクト「InfiniBand EDR」および分散ファイルシステム「Lustre (ラスター) 」を組み合わせ、機械学習やディープラーニングに求められる高速演算リソースをクラウド環境で提供する、GMOインターネットの最新クラウドサーバーです。
GPUクラウドについて