AI時代の教育インフラになるか?AIプログラミング学習サービス「Aidemy」の法人向けパッケージ「Aidemy Business」が提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

AIプログラミング学習サービス「Aidemy」の法人向け研修サービス「Aidemy Business」が、6月28日より提供を開始しました。

そもそもAidemyとは?

そもそも「Aidemy」とは、正式公開から3ヶ月で会員登録ユーザー数1万人以上を記録し、コード実行回数100万回以上を叩き出したという、まさにAIプログラミング学習界のモンスターサービスです。特徴としては以下のとおり。

  • 10秒で演習開始
    PCへの環境構築は不要で、インターネットブラウザ上でプログラミング可能

  • 今話題の技術を習得可能
    ディープラーニングや自然言語処理など、いま話題の技術を習得可能。具体的にはPython/numpy/pandas/scikit-learn/Tensorflowなどの技術が学べる

  • 無料で始められる
    一部の講座は完全無料

  • 理論より実践重視
    難しい数学の知識や理論もできるだけ直感的に理解できるような教材

  • 自動採点システム
    書いたプログラムは仮想環境上で自動的に採点

演習画面の例(コードを書きながら学習する問題)

なんと全講座受講可能。Aidemy Businessとは?

このAidemyが、ビジネスユーザー向けにリリースしたのが「Aidemy Business」。もともと3月に先行予約を開始しており、今回満を持して正式にリリースとなったようです。

Aidemy Businessの特徴としては以下のとおり。

  • AIやブロックチェーンなど最先端技術講座を全て受け放題
    法人プランでライセンスを付与されたユーザーは、Aidemyの全講座を自由に受講可能。130万回以上演習された講座を18講座以上提供しており、今後も毎月2講座ずつ追加予定

  • メンバーの進捗管理ができる管理画面
    メンバーの学習進捗が分かる管理画面を提供。管理者がメンバーの進捗を把握できるほか、メンバー同士で進捗を競いあえる

  • メールによるテクニカルサポートに対応
    サポートプランでは講座の不明点をメールで個別質問可能。テクニカルサポートが48時間以内に回答するため、不明点を解決した上で次の学習に進める

なんと全講座受講可能という太っ腹さに加え、さらにメンバー間の競争促進、48時間以内の個別質問対応など、かゆいところに手が届くような特徴がそろっています。

気になる価格は?

価格としては以下のようです。

  • ベーシックプラン 
    5,000円 / 人・月〜

  • サポートプラン 
    10,000円/ 人・月〜

    ※サポートプランでは、ライセンスを付与された全ユーザーにメールによるテクニカルサポートを提供

テクニカルサポートありのプランでも月に10,000円/ 人・月と、安い……!そもそも社内で試験的に導入する場合は数人くらいだと思うので、すぐにペイできてしまいそう。

AI時代の教育インフラになるか?

Aidemy Business、Ledge.ai編集部でももちろん使わせていただいています。

安さもそうですが、VCから出資を受けたスタートアップや、大学の研究室などに無料プランも提供するなど、普及に向けて強烈にブーストをかけているAidemy。企業がAIを始める際のインフラになりそうな予感がします。