AIプラットフォーム「AIMINA」を活用したAI教育プログラムを開発 プログラミング知識なしで画像処理・自然言語処理などのAIモデル開発を実践できる

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像はAIMINAポータルサイトより

SB C&S株式会社と株式会社アイデミーは、SB C&Sが提供する誰でもAIを手軽に「学べる・作れる・試せる」クラウド型AIプラットフォーム「AIMINA(アイミナ)」を活用したAI教育プログラムを共同開発すると発表した。共同開発によるAI教育プログラムの提供を通して、AI人材の育成と企業や団体におけるAI活用の促進を目指すとしている。

DXが急速に広まる昨今、ビジネスの現場でAIの活用が求められるようになり、AI人材の教育が急務になっている。しかし、AIの基礎を学んだ人材が実際に業務でAIを活用するまでには至らないという課題がある。

そこで、アイデミーのAI教育のナレッジとSB C&Sが提供する「AIMINA」のプラットフォームを組み合わせることで、AIの基礎知識だけではなくAI開発まで体系的に学べる場を提供。業務でAIの利活用ができるよう支援していくという。

まず第一弾として、画像処理・自然言語処理などのAIモデル開発を実践できるプログラムなどの提供を予定している。

【共同開発プログラム構想】は以下のとおり。

  • はじめに:「AIMINA」をうまく使いこなすコツ
    「AIMINA」で実践したいことの定義、「AIMINA」の機能全般、学習用データの準備などを解説
  • 実践:画像処理パック
    「AIMINA」を使って画像処理(物体検知、画像分類など)のAIモデル開発を実践
  • 実践:自然言語処理パック
    「AIMINA」を使って自然言語処理(文書分類、質疑応答など)のAIモデル開発を実践
  • 実践:時系列解析パック
    「AIMINA」を使って時系列解析(需要予測、異常検知など)のAIモデル開発を実践

今回の共同開発にあたって、2社は以下のようにコメントしている。

SB C&S株式会社 ICT事業本部 システム基盤推進本部 プラットフォーム推進統括部 統括部長 榊原 衛氏
「DXの推進が拡がる中、企業でのAIの活用促進が行われていますが、AIをビジネスの現場で活用するまでに至らない点が課題とされています。このたび、アイデミーが提供するAI教育と、SB C&Sが提供するAIをノーコードで開発できるプラットフォーム『AIMINA』を組み合わせることで、ビジネスの最前線で活躍されている方々が、専門的なプログラミングの技術やスキルがなくても、AI開発にチャレンジいただき、ビジネスでのAIをご活用いただくことをご支援してまいります」
株式会社アイデミー 代表取締役執行役員 社長CEO 石川 聡彦氏
「昨今、企業のDXが推進される中、企業規模問わずAIを活用する企業が増えています。一方で、AIを活用する人材が不足していることから、その課題を解決すべくAidemy Businessを通して組織の人材育成からその後のAIの実運用までを支援してまいりました。当社のミッションである『先端技術を経済実装する。』を実現するためには、1つでも多くの組織がAI活用を実現するための取り組みは重要だと考えております。SB C&Sとの共同開発を通して、『AIMINA』を導入されるお客さまのAI活用を支援し事業成長に貢献してまいります」

>>ニュースリリース