たった5分で新型コロナをAIが判別、阪大発スタートアップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪大学発のスタートアップ企業であるアイポア株式会社は10月23日、最新のナノポア計測技術と人工知能(AI)を活用し、ウイルスや細菌といった生体微粒子を高精度で識別できる、理化学研究用のアイポア微粒子分析ソリューションを発売した。新型コロナウイルス(COVID-19)の判別にも有効と見られる。

日本経済新聞の報道によると、同ソリューションは半導体チップに採取した唾液を流し、ウイルスの種類を見分ける仕組みという。半導体チップには、ウイルスが通れる小さな穴が開いており、穴を通過したウイルスによって流れる電流が変化する。この変化をAIに学習させることで、どのようなウイルスが通ったか分類できるとのこと。

>>日本経済新聞による報道

同ソリューションを活用した新型コロナウイルス識別に関する研究では、培養検体を用いて、新型コロナウイルスを含むコロナ亜種4種類(SARS-CoV-2、229E、SARS、MERS)の高精度識別に成功したという。

また、同ソリューションを活用することで、PCR検査で陽性あるいは陰性だった44検体(陽性は20検体、陰性は24検体)を検査したところ、PCR検査との一致率は陽性が95%、陰性は92%だった。なお、検査は前処理2分に加え、計測時間5分で実現できる。

さらに、このPCR検査で陽性だった20検体のうち4検体について、1μLあたりRNAコピー数10以下の低ウイルス濃度だったにもかかわらず、アイポア微粒子分析ソリューションは4検体すべてを正しく陽性と識別したとしている。

なお、本研究は、大阪大学産業科学研究所谷口正輝教授、大阪大学大学院医学系研究科・医学部の朝野和典教授および大阪大学微生物研究所松浦善治教授らのグループとアイポアが共同で実施したもの。

>>ニュースリリース

新型コロナ肺炎の可能性、AIが示す技術 富士通が開発へ

AIを活用することで、新型コロナウイルスを診断する事例はほかにもある。

最近でも、富士通株式会社と東京品川病院は9月2日から、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による肺炎「新型コロナウイルス肺炎」の診断に有効とされる、胸部CT(Computed Tomography/コンピューター断層撮影)検査による画像診断を支援する人工知能(AI)技術の共同研究開発を開始した。

本技術は、新型コロナウイルス肺炎が疑われる患者の胸部CT画像に対して、AIが肺の陰影の広がりなどを数値化および3次元で可視化。感染の可能性を提示することで、医師の画像診断を支援する。

東京品川病院が持つ過去の新型コロナウイルス肺炎の胸部CT画像データから、肺の異常陰影パターンを検出。それらのデータをAIに学習させることで、新型コロナウイルス肺炎の可能性を示すAI技術を開発し、その技術の有効性を両者で検証する。

これにより、患者1人当たり数百枚にもおよぶ胸部CT画像を目視で確認し、新型コロナウイルス肺炎かどうかを診断する医師の負担軽減を目指すという。

問診では「新型コロナウイルス感染の可能性が低い」と判断された場合でも、胸部CT画像所見から、新型コロナウイルス肺炎を見つけ出し、早期発見につながることが期待できる。