エアークローゼット、AIが全アイテムから「おすすめ100着」をセレクトする機能を提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社エアークローゼットが運営する月額制ファッションレンタルサービス「airCloset(エアークローゼット)」は6月8日、「AIパーソナライズショップ機能」を提供開始すると発表した。

今回導入したパーソナルレコメンドAIは、2021年6月より産学連携プロジェクトとして開始した、パーソナルスタイリング領域における明治大学・高木研究室との共同研究の成果だ。今後も機能追加等のサービス改善に取り組むという。

共同研究では、エアークローゼットが約7年かけて蓄積した、400万コーディネートにおよぶパーソナルスタイリングに関する独自データと、明治大学・高木研究室の最先端AIの知見をかけ合わせ、最新の推薦手法を開発することで「スタイリングサポートAI」の高精度化を目指してきた。

本研究を進めた結果、アイテムとユーザーのマッチングの高精度化に成功。中程度レベルのスタイリストと同程度のアイテム推薦を実現している。このパーソナルレコメンドAIが、今回提供開始する「AIパーソナライズショップ機能」を支えているという。

「探す」コストを削減できる、パーソナライズされたショッピング体験


働く女性は、実際の買い物に行く以前のSNSやファッション誌などのメディア、ウィンドウショッピングなどでの「情報収集」に最も時間をかけており、洋服を「探す」時間と実際に「買う」時間を比較すると、「探す」に約3倍の時間を費やしているという。

「airCloset」では、顧客の登録情報やファッションの好み・悩みに合わせてスタイリストがコーディネートした洋服を届けている。

今回新たに提供する「AIパーソナライズショップ機能」は、「airCloset」の全アイテムの中から「おすすめ100着(最大)」がセレクトされ、自分だけの専用ショップで時間をかけずに買い物できる機能だ。

登録サイズなどのお客様情報全般やレンタル実績の中で評価の高かったアイテム情報をもとに、パーソナルレコメンドAIによって選出されたおすすめアイテムを、1位から最大100位までのランキング形式でマイページ内のショップ画像に表示する。

さらに、ショップ内のアイテムはシーズンや顧客の利用データに合わせて毎週更新される。

本機能の利用対象者は、「airCloset」のサービスを3か月以上利用している人だ。

明治大学・高木研究室とエアークローゼット・データサイエンスチームの共同研究成果


ユーザーの登録情報やレンタル履歴などの特徴とアイテムの特徴の関係性をもとに、共同研究により好みのアイテムを推薦するシステムを開発した。

共同研究について、明治大学 理工学部 情報学科教授の高木友博氏は、以下のようにコメントしている。

「本システムは、通常のレコメンドに用いられている一般的な方式とは大きく異なり、深層学習によって、お客様の情報とファッションアイテムの細かな特徴との相性を算出する、最新のアーキテクチャを採用しています。

システムは、お客様の身長のような通常の特徴だけでなく、見られたい印象や着心地に関する要望、職場の服装タイプのようなライフスタイル、これまでの時系列を踏まえたレンタル履歴を元に、アイテムの様々な特徴を考慮に入れた相性を計算します。またその際には、数値化された特徴以外に、アイテムの画像を処理し、アイテム全体の印象や、デザイン、襟の形のような細かな部分までを考慮に入れた相性を計算します。

これらの学習は、エアークローゼットが保有する大規模なデータに支えられていますが、さらにエアークローゼット・データサイエンスチームおよびスタイリストによる検証を経て、プロのスタイリストと同等の能力を実現するに至り、その性能はこれまで国際的に発表された最新のシステムを超えることが、数値で示されています」

>>ニュースリリース