AIの発話中に話しかけられる自動音声対話システム、サイバーエージェント子会社

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社サイバーエージェントの連結子会社である株式会社AI Shiftは10月20日、人工知能(AI)自動音声対話システム「AI Messenger for Voice」において、バージイン機能(割り込み対応機能)を実装したと発表した。

>>>プレスリリース

割り込み対応機能で自然な会話が可能に

近年、カスタマーサポートにおける業務効率化や対応負荷軽減などを目的として、チャットボットをはじめとしたソリューションの導入が進んでいる。

AI Shiftはそのようななか、音声認識や音声合成、対話システムなどの技術の発展により、今後、電話において従来のIVR(自動音声応答システム)による案内ではなく、AIによる自動対話サービスの活用が進む、と予想しているという。

AI Shiftでは、2020年4月より、AIによって企業における電話業務の自動化を実現する音声対話サービス「AI Messenger for Voice」を提供している。今回、より自然な対話を実現するため、バージイン機能を実装した。

バージイン機能は、システムの発話中にユーザーが割り込んで話しかけた場合でも、ユーザーの発話内容を認識できる機能。

本機能の実装で、システム発話の途中でユーザーが発話した場合でも音声認識が可能となり、聞き直しを軽減することで、より人間らしいスムーズな会話を実現するとしている。さらに、対話のわずらわしさの解消により、対話シナリオの短縮に繋がり、対話完結率の向上も期待できるという。

今後もAI Shiftでは、AI技術の研究開発組織「AI Lab」における研究や、自然言語処理や音声対話の研究を牽引する大学との産学連携をとおして、カスタマーサポートの効率化に寄与するサービス開発に取り組んでいくとのこと。