人工知能が可能にする(かも知れない)ほんの少しだけ未来の話

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は、AI自動ライティングツール『Articoolo』で生成。Ledge編集部で編集したものです。

人工知能は、ここ10年間でかなりの道のりを歩んできました。日々進んで行く技術開発のなかで我々は今日どのあたりに立っているのでしょう?例えば AI・人工知能の研究の歴史のなかで我々は「人間VSマシン」の代表的なAIチェスチャンピオンのようなものを実際に見ていますが、実は現在の研究では、それを優に超えている事態が起きているのです。

人工知能(AI)を搭載したタイプのインテリジェントマシンやデバイス、そしてアプリケーションの用途は無限大です。

予測アプリケーションの分野では、治療、生態系のモニタリング、気象警報などが可能かもしれないことに加え、交通システム、金融経済の流れの合理化など、私たちの国を守るために大いに助けになります。

人工知能の前に伸びる進化の道はもはや滑走路のようなものであり、ここから5年間の内に未来へ飛び立つことを誰もが期待して信じている。それが現在の状況といえます。

たとえば、最高経営責任者(CEO)が会社でお金を過剰に作っていることをあなたは懸念しているとしましょう。しかし意外とすぐに彼らは人工的な会社ツールと取って代わられるので、心配する必要はありません。新しいCEOの誕生です。

他にも会社の人事でAIが利用されたり、またはあなたの家で人工知能が家電を制御してくれたり。もしかしたらあなたの将来の空飛ぶ車も人工知能で運転できてしまうかも知れません。

道路を走っているすべての他車両とネットワークで繋がることによって衝突や事故を自動で避けてくれるので、新聞を読んだり、口紅を塗ったり、携帯で通話をしたりすることができるかもしれません。

これは、人工(man-made)知能の未来であり、それはすぐそばまで来ています。

しかし、もちろんいいことばかりではありません。人工の知性と将来のトランスポートコントロールには、欠点やリスクが潜んでいる可能性だってもちろんあります。

私達は、そのリスクについて常に心に留めておかなければならない。そんなフェーズに今いるのかも知れません。

AIが生成した原文

Artificial Intelligence has come a significant way in the last decade and still you have to ask, Where Are We Today?
In researching the Brief History of AI or Artificial Intelligence we see such things as Humans VS Machines Chess Champions, but the present research goes way beyond that. The applications and uses for man-made intelligent machines are endless.
Prediction applications might help us in medication, ecological monitoring, weather warnings as well as streamlining our transportation systems, financial economic flows and assist us in protectingour country. The road ahead for artificial intellect is similar to the runway ahead and you may expect us to blast off into the future inside the next five years.

For instance, if you are concerned that the Chief executive officer is making an excessive amount of money in your company, you needn’t worry much longer since very shortly they’ll be replaced with an artificial company tool, that is right, meet your new CEO. Artificial intelligence may be utilized at work and also in your home and maybe in your future flying car, that can be centered network connected to all the other vehicles on the road to prevent you from crashing and let you read your paper, put on your lipstick and talking on your mobile phone while your vehicle drives itself. This is the future of man-made intelligence and it’s coming soon. Obviously there are likely some disadvantages to artificial intellect and future transport controls.