広がるAI×botマーケティングとマーケターの誤解。我々はどう観点を変えていくべきか

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は、AI自動ライティングツール『Articoolo』で生成。Ledge編集部で編集したものです。

最近話題となっている『botマーケティング』。聞いたことがある方も多いことでしょう。実は現在、このマーケティング手法においてかなり間違った考え方が広まってしまっています。

多くは旧来の小売業的マーケティングをそのまま代行させようとすることで生じる活用法的なエラーですが、そこにはもう少し根深い原因があると私は考えています。

botを用いた1to1マーケティングは小売業の延長とは違う

確かに一見すると、1to1でユーザーと店舗がコミュニケーションを取れる(ように見える)botマーケティング手法は、店舗での事業モデルによく似ているように見えます。

が、広く門戸が開かれ誰もが安価に参入することができるインターネットの世界においては『店舗と同じやりかた』をそのままもってくるような戦略では上手く行かないケースのほうが多くなっていくのです。

なぜなら、そこには(路面店などの訪問客層にはありえない)あまりにも細分化したユーザーニーズが存在し、またその細分化したニーズを獲得しようとぶつかり合う多くの競合が存在するのですから。

これは特にbotマーケティングのみに限った話ではありませんが、今こそ「競合の戦略をよく見ること」が何より大事なマーケティング手段となってきていると言えます。

「新しい手法だから」と、思考を止めてしまうことで被るリスク

しかしこうしたマーケティング手法の一つとしてのbot活用について「競合を見ましょう」といった話をすると、どこでも決まって賛否両論が巻き起こります。

それはある種当然と言えば当然の事です。

新しい手段が生まれたばかりのフェーズであれば、そのマーケットには競合がいない(ように見える)わけですから。競合がいないところで存在しない競争相手を探して考えを巡らせるのは、端から見ればとても滑稽に見えてしまうことでしょう。

そこには競合はいないかもしれない。
だから考えるより速くやってしまったほうがいい。

本当にそうでしょうか?

確かにbotマーケティングは非常に1to1でのユーザーコミュニケーションを取るための優れた手段と言えるでしょう。

しかし、だからこそ。ともすればハングリーな競合がいない「あまりにニッチすぎるマーケット」すら、事業者にとって「まだ誰も見つけていないブルーオーシャンだ!」と誤認させるリスクをはらんでいると知らなければなりません。

競合がいて、過剰とも言える競争が行われていること。

それは悲観するべき事ではなく、『戦う価値のあるマーケットである証』とも言えるのです。

これからのマーケターが持つべき「普通」の観点

もしあなたが、botマーケティングのような新しいフィールドで戦う機会を得るのであれば、その時は技術そのものよりも「どんなマーケットのどんなコミュニケーションを自動化するべきなのか?」を考えてみてください。

そして「(まだ自動化はしていないかもしれない)競合はどんな戦略で戦っているのか?」よく見る必要があるでしょう。

「新しいものだからやるんだ」という、一種英雄的な思想は確かに魅力的ですが、それを理由に「競争の回避」を選んでしまっては何もなし得ることはできません。

競争がどれだけ進んでいるかを見つめ、市場の大きさを知り、どれくらいの「違和感」を感じ取ることができたのか。それこそが大きな指標となるはずです。

その違和感こそ、テクノロジーや新しい価値観で大きく変えることができるポイントになるはずですから。

AIが生成した原文

“Bot marketing” which has become a hot topic recently. There are many people who have heard of it. Actually, nowadays, fairly wrong ideas have spread through this marketing method.

Many are legal use errors that arise from attempting to substitute legacy retail marketing as they are, but I think that there is a more deeply rooted cause.

Certainly, at first glance, it seems that the bot marketing method that the user and the store can communicate with (1 to 1) looks very similar to the business model at the store.

But in the Internet world where the door opens widely and everyone can enter cheaply, the case that does not go well with a strategy that brings “the same way as the store” as it is will become more frequent.

Although this is not limited to bot marketing in particular, it is now that “looking closely at competing strategies” is becoming an important marketing tool more than anything else.

But when talking about utilization of bot as one of these marketing methods “Let’s see the competition” , pros and cons will arise everywhere.

That is certainly a matter of course.

If new phases are just about to be born, there is no competition in the market (it seems). Looking for competitors who do not exist in the absence of competition and thinking around will be very lively looking from the edge.

There may not be any conflicts.
So you’d better do it faster than you think.
Are you sure?

Certainly bot marketing can be said to be a great way to take user communication with 1to1.

But that’s why. Even the “b” too over-niche market ” does not have a hungry competition, the risk of causing businesses to misunderstand” Blue Ocean that has not been found by anyone yet! ” You must know that you are deeply sorry.

There is competition, competition that can be said to be excessive is being done.

It is not something to be pessimistic, it can also be said to be a proof that it is a market worth fighting.

If you get an opportunity to fight in a new field like bot marketing, think about “what kind of communication in what market should you automate” than the technology itself at that time please look.

And “What strategies (which may not have been automated yet) are fighting?” You will need to look closely.

A kind heroic idea of ​​”It’s a new thing” is certainly attractive, but it is impossible to do anything if you choose “Avoid competition” for that reason.

I watched how far the competition is progressing, learned the size of the market, and how much “uncomfortable feeling” was able to be felt? That should be a big indicator.

The sense of incompatibility will be the point that can be greatly changed by technology and new values.