ボット開発に欠かせない、自然言語処理とプラットフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は、AI自動ライティングツール『Articoolo』で生成。Ledge編集部で編集したものです。

ボット技術において自然言語は最も基本的な部分である。

つまり、ボットプラットフォームと自然言語処理プラットフォームの開発は直接的に関係しているということだ。

現状では、ボット技術の開発が、FacebookやWeChatのようなメッセージプラットフォームを提供する企業によって主に推進されてきた一方で、自然言語処理技術の主な進歩は、GoogleやIBMのようなクラウドプラットフォームやサービスプロバイダーを扱う企業によってなされている。

そして、ほとんどのボット開発者は、自然言語処理技術をを用いて、フロント・エンドにボット・アプリケーションを組み込むことに時間を費やしているのだ。

自然言語の技術には欠かせないNLPとNLU

概念的に言うと、ボットの技術とともに発展した主要な自然言語プログラミング技術には、自然言語処理と自然言語理解の2つがある。

まず自然言語処理についてだが、AI環境におけるこの技術は、NLPはまさに世界の傘ともいうべき存在で、パーソナルコンピュータと人間の自然言語との相互作用に対応する分野を網羅している。

たとえば、談話分析、接続抽出、自然言語理解、および言語評価などの分野に当てはまる。

それに対して自然言語理解NLUとは、NLPの中でも読解力と意味評価に焦点を当てたものだ。

これら、NLU/NLP技術について詳しくみていく。

ボット開発者に人気な技術

NLP/NLU技術に焦点を当てたプラットフォームは数多く存在しているが、特に次のテクノロジーはボット開発者コミュニティで非常に人気が高くなっている。

ボットや人工知能のような新興テクノロジーの認知は、自然言語処理や自然言語そのものの理解を促し、そしてその技術を広く利用してもらうことに繋がるので、ここで紹介する。

  • 構文解析:自然言語文のフレームワークと文法を分析する機能。
  • Pragmatics:コンテキスト、インテント、ターゲットエンティティなどの側面を特定することで、自然言語文のあいまいさを取り除く機能。
  • 自然言語生成:ボット技術がユーザとシステム間で有意義な議論を生み出すために大きな役割を果たしている。

以上の技術がボットの言語をより賢くするのに役立つNLP/NLU技術の例である。

NLPとNLUの活躍するプラットフォーム

現在このような洗練されたNLP/NLU機能を提供するいくつかのプラットフォームが登場している。

たとえば Watson Developer Cloudは、言語処理に焦点を当てたいくつかのサービスを提供しているが、代表格といえば AlchemyLanguageやNatural Language Classifierなど他のWatson NLPサービスと連携してよく利用されるWCSだ。

Microsoftには言語理解インテリジェンスサービスなどは、自然言語モデルの作成と処理に重点を置くMicrosoft認知サービスの一部にすぎないが、このプラットフォームは、Microsoft Bot Frameworkと連携しており、他のボットプラットフォームが利用することも可能である。

他にも、Google Cloudに新たに追加されたGoogle Natural Languageというアプリや、Wit.aiなどもNLP/NLU技術をを基盤とする例として挙げられる。

AIが生成した原文

Natural language is a fundamental piece of bot technologies. Consequently, there was a direct correlation between the development of bot platforms and natural language processing platforms. Whilst the development of bot technology has largely been driven by messaging platform sellers like Facebook or WeChat, the primary advancements in natural language processing technology appear to be originating from cloud platform and service providers like Google or IBM. Therefore, most bot programmers spend some time incorporating their front end bot applications with natural language processing solutions supplied by an alternate platform. From a conceptual point of view, there are two primary natural language programming techniques that became popular with bot technology! Natural language processing and natural language comprehension.

Natural language processing: In the AI circumstance, NLP is the global umbrella that encompasses several disciplines that address the interaction between personal computers and human natural language. From this point of view, NLP contains several subjects, like discourse analysis, connection extraction, natural language comprehension and additional language evaluation areas. Natural language comprehension: NLU is just a subset of NLP that focuses on reading comprehension and semantic evaluation. While there are many vendors and platforms focused on NLP\/NLU technologies, the following technologies are becoming very popular within the bot developer community. The acknowledgement of emerging technology like bots and artificial intellect has led to the conditions Natural language processing and Natural language comprehension used freely and out of circumstance.

Syntactic analysis: The capability to analyze the framework and grammar of natural language sentences. Pragmatics: The capability to get rid of the ambiguity in natural language sentences by identifying aspects like context, intent or target entities. Natural language generation plays a huge role in enabling bot technology to generate meaningful discussions between users and systems. Some NLP\/NLU technologies that will make your bots language intelligent. As a result, several platforms have emerged providing sophisticated NLP\/NLU capabilities. The Watson Developer Cloud offers several services focused on language processing. WCS is typically utilized in conjunction with some other Watson NLP services like AlchemyLanguage or Natural Language Classifier.

Microsoft’s Language Understanding Intelligence Service is just an element of the Microsoft Cognitive Services focused on making and processing natural language models. The platform supplies a deep integration with the Microsoft Bot Framework and may be utilized by other bot platforms. Google Natural Language Application programming interface is a latest addition to Google Cloud focused on NLP and NLU abilities. Wit.ai is the platform behind the NLP\/NLU capabilities of the Facebook Messenger platform.