最新のシステムより23.5倍も速い!Facebookが提供するオープンライブラリのAI業界への大きな貢献

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は、AI自動ライティングツール『Articoolo』で生成。Ledge編集部で編集したものです。

昨今、あらゆる機関が人工知能技術の発展に貢献している。中でもFacebookは、Blowtorchのオープンソースライブラリにて、非常に強力なディープラーニングのツールを無料で提供したことで大きく貢献した。ソーシャルネットワークは、ディープラーニングが複雑な計算をおこなう手助けをするオープンソースコードとしても使えるのだ。

なお、ディープラーニングとは、ニューラルネットワークと呼ばれるトレーニングシステムを備え、オーディオや画像データなどの豊富な情報を取得し、そこから新しい情報や予測をシステムに提示することができるネットワークのことである。

具体的に何をしているか?

2002年にオープンソース化されたライブラリであるBlowtorchには、ニューラルネットワークを構築し、訓練するためのフレームワークが含まれている。Facebookはそこにコンテナを提供して、複数の画像情報からニューラルネットワークを訓練するという作業を支援しているのだ。

これについてChintala氏は、すばらしいスピードアップが見込めると話していて、畳み込み符号のコードレベルであれば、現時点でオープンソース化されている最速のシステムよりも23.5倍速いとブログで説明している。

Facebookによるオープンソース化の経緯

Facebookはこれまで、世界中に数多くのオープンソースのアプリケーションを提供してきた。

これらのFacebookによる活動は、同社の人工知能研究部門Yann LeCun氏のもと2013年から始められ、さらに最近ではVladimir Vapnik氏率いるチームによる『サポートベクターマシンアルゴリズム』と呼ばれる研究にまで発展している。

まとめ

Google、Twitter、Spotify、Netflixなどもすでに、ディープラーニングの分野に力を注いでいる。

しかし、企業がオープンソース化を積極的におこなうことはまれであり、その点Facebookの動きは注目すべきところだ。ちなみにFacebookは、Torchモジュールを改善するために新しい人材を欲していて、分野外から有能な人材を連れてくるつもりかもしれない。

AIが生成した原文

In the spirit of helping everybody do artificial intelligence better, Facebook is giving out some of its significantly strong deep learning tools free of charge in the Blowtorch open source library. More particularly, the social networking business is open sourcing code that will help it operate complicated calculations for deep understanding, an ever more popular form of artificial intelligence. The company may declare the news in a blog post today. Deep learning includes training systems, called synthetic neural networks, on plenty of information based on audio, pictures, along with other inputs, and after that presenting the systems with brand new information and obtaining inferences about it in response.

Blowtorch, an open source library which has been around since 2002, includes a framework for constructing and training neural networks. Moreover, Facebook is delivering Containers to assist distribute the work of training neural network across multiple images chips. You will get a great speed-up, Chintala described. The supercharged convolution level code is just as much as 23.5 times faster than the fastest system which was freely accessible until this stage, Chintala wrote in his blog post. Facebook has previously contributed an extensive range of other applications to the rest of the globe under open source licenses. These new parts demonstrate a significant commitment from within the Facebook Artificial Intelligence Research arm the business first formed in 2013, with the.rrival of deep learning luminary Yann LeCun.

More lately, that group led to Vladimir Vapnik, known for his work on the Support Vector Machine algorithm. Google, Twitter, Spotify, Netflix, and others have already been rapidly bring in their very own talent in the field of deep learning. Open source contributions in the region they were rare, making Facebook’s move notable. Facebook may also get people outside the business to improve the Torch modules and therefore find new researchers to bring aboard.