現代のオンライン取引の重役、E-Commerce

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は、AI自動ライティングツール『Articoolo』で生成。Ledge編集部で編集したものです。

E-Commerceはインターネット上で行われるほぼすべての取引に用いられている。例えばオンラインショッピング、ウェブサイト上でのオークションなどのオンライン上での商品取引や、インタネットを介しての企業間のサービスなどだ。

現在のところE-Commerceはインターネットにおける最も重要な要素の一つとなっている。これを用いれば時と場所を選ばずに商品取引を行うことができるのだ。

オンラインビジネスでの驚異的活躍

一般的な利用例としては、商品やサービスの料金支払いをオンライン上で行うことである。このようなE-tailingやオンライン小売店はバーチャルモールとして知られているが、このような仮想空間における店舗はE-Commerceの重要な技術の成果である。

仮想店舗の開始はインターネットで10億もの利益を生み出し、オンラインビジネスは過去四年間で屋根を突き抜けるかのように驚くべきスピードで発展した。1997年のE-tailingや仮想ショッピングセンターの開始時には、Dell Computersが毎日100万ドル相当の注文を受けたとされている。

ともあれ、E-Commerceの到来により、企業の可能性や消費者の情報を検索し収集することが簡単になった、ということだ。

多岐にわたる利用法

人口統計の情報収集はオンラインビジネスはもちろんのこと様々なビジネスの観点からも非常に有用である。

電子データの交換(Electronic Data Interchange)は電子決済や電子カタログにおける企業情報の変更に活用されており、今や企業間で交換されるデータとしては最もポピュラーなものとなっている。

最近では、電子データに置き換えるように設定されているXMLやebXML内で、電子情報を交換する、というのがほとんどである。

AIが生成した原文

ECommerce is an expression used for almost any trade that’s done across the Internet. Ecommerce trade has several subsets included, like shopping online from retail web sites, auctions, trading goods on-line and company services between businesses. ECommerce became the most crucial facet of Internet in the present situation. Ecommerce enables us to exchange goods and services, surpassing the obstacles of time and space. It involves several transactions, generally the transfer of cash in exchange of goods or services online. E tailing or on-line retail selling on the stores, that are better known as virtual malls. Electronic Data exchange in the shape of e-mail and fax.

A virtual store is a significant accomplishment of ecommerce technology. The start of virtual stores has made Internet just a billion dollar supply of revenue. The on-line business of virtual stores has gone through the roof in the past 4 years and carries on to grow at amazing pace. The figures uncover that, at the start of e tailing or virtual shopping centres in 1997, Dell Computers documented orders worth million bucks each day! With the arrival of ecommerce, it became simple to search and gather details about company possibilities and the consumer. This can be done largely with the help of enrollment forms, questionnaires and order filling forms.

This demographics information collection is very useful from the perspective of the various businesses involved with on-line business. Electronic Data Interchange is employed for the change of company info in the contour of electronic catalogs and electronic payment processes. To be appropriate, EDI is regarded as a standard type of electronic documents which can be exchanged between businesses. Recently, there are most sophisticated variations of electronic information exchange in the contour of XML and ebXML, that are set to replace EDI.