「プレディクティブ」ソリューションがもたらす新しい形のマーケティングとは。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は、AI自動ライティングツール『Articoolo』で生成。Ledge編集部で編集したものです。

コンテンツマーケティングにおいて、流行は激しく移り変わりするものだ。

しかしそんな中、起業家たちは以前のオンライン活動に基づいて顧客の行動を予測することを可能にする「プレディクティブ(予測)・パーソナライゼーション」に頼ってマーケティングを行っているようだ。

最新のClickzの記事では「デジタルホスピタリティ」と呼ばれており、プロモーションにおけるもっとも重要なトレンドのひとつであり、その人気は上昇している。

プレディクティブ・パーソナライゼーションとは?

予測パーソナライゼーションには、暗黙的な行動、または消費者がオンラインで関与する行動のタイプを発見すること、およびこれらの観察結果を使用して将来の特定の行動の確率を確認することが含まれる。

この後者の種類の行動は、オンライン上での購入、コンタクトタイプの記入、所与のウェブページ上での一定期間の滞在、または他の望ましい活動を含む。

マーケターの観点からすると、予測パーソナライゼーションから収集された情報は膨大だが、そのデータを使用することは危険でもある。

個人(ユーザー)は、あまりにも自分のことを多く知っているような広告やターゲット広告にはまだまだ用心深いからだ。

JWTの調査によると、消費者の約3分の2は分析企業が持っている情報やデータに不快感をもっているそうだ。

一般的なユーザーは、Webを閲覧する際に監視、追跡、評価される必要はない。

なぜなら調査対象者の大部分は、何らかの見返りを得ることができる限り、追跡されても構わないと回答しているからだ。

これらの活用可能な利点は具体的に、関連商品や適切な商品を受信トレイや既に読んだコンテンツに掲載したり、欲しているアイテムの割引クーポン、ショッピングをオンラインで簡単かつ安価にするなど、といった方法で活用していく必要がある。

顧客の懸念が、データの提供方法、そしてその行動によってどう自分に利点があるのか、ということを知るだけで緩和するのであれば、予測的カスタマイズは従来プライバシー問題などと思われていたが、逆にポジティブと見なされる可能性があるのだ。

AIが生成した原文

Trends come and go in content marketing, however it appears that predictive personalization, which will be the capability of entrepreneurs to predict customer behavior based on their previous on-line activities, is sticking around. Referred to as Digital hospitality in a latest Clickz article, this is among the most critical trends in promotion, and its popularity is only rising. Predictive personalization includes discovering implicit conduct, or the types of action a consumer engages in on-line, and using these observations to ascertain the probability of future specific conduct. This latter kind of behavior comprises making an on-line purchase, filling in a contact type, spending a certain period of time on a given webpage, or other desirable activities.

From a marketer’s point of view, the observations that could be collected from predictive personalization are vast, but uses the data is dangerous because individuals are still wary of targeted advertisements and advertising that appear to know too much about them. Based on a JWT survey, almost two thirds of consumers are uncomfortable for the information that data and analytics firms have on them. The average user does not need to be watched, tracked, and assessed as they browse the web. A large proportion of the surveyed also said that they do not mind being tracked so long as they get something in return. These possible advantages need to be concrete, like having associated products and relevant products show up in their inbox or in the advertisements served on content they already read, savings on desired items, or otherwise having their shopping online made easier and cheaper. So long as the customer’s concerns are mitigated with an awareness about how to give their data will improve their lives, predictive customization may be seen as a positive as opposed to a possible problem or privacy issue.