VRによる進化はどこから進む?医療・人命救助の現場における現状と期待

このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事は、AI自動ライティングツール『Articoolo』で生成。Ledge編集部で編集したものです。

あまり知られていないが、実は仮想現実(VR)技術は、既に多くの医療や歯科衛生などの現場で実際に活用され始めている。

例えば診断データを元に生成した3Dモデル診断や、治療法の検討、医師の訓練、応急処置トレーニングなど。

これまで可視化すること自体が非常に困難だった膨大なデータがVR技術により極めて理解・解釈しやすい形となったことで、これを実際の現場で活かす取り組みが加速しているのだ。

例えばロボットアームを用いた遠隔手術や超微細手術など。高度な練習が必要でもなかなか練習するのも困難なケースにおいて、訓練用途での活躍の幅が広がってきている。

参考:Ledge

実用段階直前?VR人命救助トレーニング

上記の他にも、人命救助訓練の現場においてもVR技術は既に様々なシーンに活かされようとしている。

例え医師でなくとも、1秒を争う事故現場において発見者あるいは加害者となってしまう可能性は誰にでもあるだろう。そこで適切な応急処置の手法を「聞いたことがある」のと「(VRで)経験したことがある」のでは大きな違いが出てくるのだ。

VR技術を活かし、周囲の環境リスク(例えば対向車や化学物質流出、火災など)も仮想的に体験。非常に臨機応変かつリアルな訓練を短期間で実施しようという取り組みがすでにいくつか試行され、実用に向け開発が進んでいる。

今後はさらに交通事故だけでなく火山や地震、津波などの巨大災害発生時の対応訓練にも効果が期待されているという。

source by SCOUT

まとめ

上記で紹介したあらゆる訓練・練習的な体験は、全てVR(仮想現実)世界での出来事だ。つまり、当たり前だが練習台になる患者も実際の交通事故も災害被害者もそこには存在しない。

もちろん参加者のレベルに合わせた訓練時間や条件難易度の設定も、(実際の現場で人間を相手に行うよりは)遥かに短い時間と手間で実現が可能になっていくだろう。

例えば大きな事故を想定した訓練だからといって、現実の世界で『英国の高速道路システム全体を巻き込んだ大事故のシミュレーション』を実行することは非常に難しい。

が、これもVRの世界では実際にシミュレーションし体験することが可能になっていくのだ。

現時点ではデータやデバイスの技術的課題、法整備などなどまだ問題も多く難しいものも多いが、それらが整備され実際に稼働しはじめる時代は、割と近い所まで来ているのかもしれない。

AIが生成した原文

Virtual reality is utilized in both the medical and dentistry areas where it is numerous advantages over traditional systems.We know virtual reality is utilized in operation, particularly the field of robotic operation where it is proved to be very successful. It is used for visualization functions when inventing an analysis. Achieving a diagnosis means conducting some tests which produce complicated sets of information. Virtual reality may be used to produce a visual description of this information that will be easier to read, comprehend and interpret. It is also utilized when training front line professionals, e.g.

First responders to deal with little and large scale problems. A series of virtual environments may be developed that contain distinct scenarios, e.g. Road traffic incident that the first responders have to cope with. This is where they understand decision making abilities as well as the practical hands on capabilities needed in this type of scenario. Another alternative is catastrophe training like a chemical spill or an outbreak of an infectious disease which frequently leads to large numbers of fatal accidents. Virtual reality teaches these experts how to respond in this kind of emergency where time is of the essence.

Plus they may do without the possible risk of injury to themselves or their patients. This kind of training system may be used time along with time again along with the choice to adjust in accordance with the skill level and expertise of the participants. Plus a situation may be created in a virtual environment which isn’t possible in the real world, for instance a simulation of the major incident on a stretch of the UK’s motorways system. This wouldn’t be allowed for a number numerous reasons, but might be replicated in a virtual world. This and other situations provide a practical representation of an accident which the participant interacts with via a head mounted display, data glove and\/or input device.

Powered by ArticooloLedge