アクティビティトラッカーは歩数計と換われるのか。ウェアラブルデバイスビジネスの可能性とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は、AI自動ライティングツール『Articoolo』で生成。Ledge編集部で編集したものです。

現在数々ある「アクティビティトラッカー」(活動量計)のなかでも特にFitbit、Jawbone UP24やNike+ FuelBandは、次世代歩数計の市場を創造した。

というのも現在の歩数計は、ユーザーとスマートフォンのBluetooth機能を使って会話ができたり、歩数や消費カロリー、睡眠時間を計測することができる。

American Journal of Epidemiology誌に掲載された123,216人を対象としたの2010年の研究では、座っている時間が長くなればなるほど、早期死亡のリスクはより高くなるという事実が判明した。

毎日6時間以上座っていた女性は他の身体運動量にかかわらず、3時間以下座っていた人よりも早く死亡する傾向が37%あった。

ウェアラブルデバイスがあることでより運動するように

シカゴのシエラ・グーラン(28歳)は定期的に1マイル9分以内ランニングをしており、自分自身を積極的に運動するほうだと考えていた。しかし彼女はFitbitにどれだけ日常生活において運動していないか思い知らされた。

24Hour FitnessはBodyMediaの腕章型ファッショントラッカーを使用したトレーニングプログラムを数年間提供している。

またLifeTime Fitnessは23州に店舗があるクラブで、トレーナーが顧客にFitbitなどの推奨ガジェットの中から合ったものを選ぶ手助けをするプログラムを最近開始した。

ウェアラブルトラッカーによって(消費カロリーの計算を間違いなくしていることを考えれば)より多くを消費することができることがベストだ。これらのトラッカーのファンシーな機能が通常の歩数計よりも優れた成果をもたらすかどうかを言うにはあまりにも早いという見解もある。

2007年のスタンフォード大学の調査では、歩数計を使用した人は平均2,491歩多く歩くようになったからだ。

AIが生成した原文
Activity trackers such as the Fitbit, Jawbone UP24, and Nike+ FuelBand, amongst others, have created a marketplace for next generation pedometers, therefore to talk – well dressed movement detectors that talk to your smartphone through Bluetooth technology and count your steps, calories expended, as well as sleep. A 2010 study of 123,216 individuals, published in the American Journal of Epidemiology, found the fact the fact that the more leisure time spent sitting, the more complex the possible risk of early death: Women who sat for over six hours each day were 37 percent more prone to die prematurely than individuals who sat for under THREE hours, regardless of how much other physical exercise they got.

Wearable trackers may shine a light on the interior couch potato you didn’t know you’d. Sierra Gullan, 28, of Chicago, on a regular basis logs sub 9 minute miles and thinks of herself as active, therefore she was surprised when her Fitbit disclosed how little she moved normally. The chain 24Hour Fitness offered training programs using BodyMedia armband fashion trackers for several years, and LifeTime Fitness, with clubs in 23 states, recently established a program wherein trainers help customers select from among recommended gadgets such as the Fitbit. Given that the wearable tracker has give or take dummy proofed the counting of calories expended, the hope is that it’ll rally us to work out more of them. These trackers continue to be too new for anybody to say whether the fancy functions provide better outcomes than the usual the usual pedometer: A 2007 Stanford University evaluation of many studies found that individuals who used pedometers improved the number of steps they took by on average 2,491 a day.