AmazonのAWSで画像認識サービスを無料で試してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加


「Amazon Rekognition」は、機械学習の専門知識を必要とせずに、画像およびビデオ分析を簡単にできるサービスです。Amazon Rekognitionを使用すると、画像と動画の物体、人物、テキストなどを特定し、検出できます。

今回は無料で利用できるデモを使って試してみます。

まずは、AWSのアカウントを作成したあと、Amazon Rekognitionにアクセスし、「Amazon Rekognitionの使用を開始する」をクリックします。


「デモを試す」をクリックします。

左の欄から選ぶことで、さまざまな種類のデモを使えます。

まずは、「ラベル検出」を試します。2種類のサンプルイメージを選択すると、その画像に写っている物体を検出し、四角の枠の上にマウスを動かすとその名前が表示されます。



「自分の画像を使用」をクリックし、画像をアップロードすると自分の選択した画像に対しても物体検出を使えます。

次に「顔の分析」を試してみます。デモでは写真に写っている人に対して性別、表情、年齢などの情報を予測した結果を確認できます。

今回も自分の画像をアップロードしました。このように複数に人が写っている場合、それぞれの人に対しての結果を確認できました。

最後に「有名人の認識」を試してみます。有名人の画像をアップロードするとその人の名前を確認できます。

最後に

今回はAWSのAmazon Rekognitionを使って3種類のデモを試してみました。Amazon Rekognitionでは他にもさまざまな種類の物体検出や、ラベルを自分でカスタムすることもできるので、ぜひ試してみてください。