スナックのママをAI化したお悩み相談チャットボット「よしこ」開発にあたり50時間のインタビューを実施

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社空色は7月7日、チャットサービス「WhatYa」において、青山商事株式会社にストレスや悩みを抱えるビジネスパーソンをサポートする新たな取り組みとして、AIチャットボット「スナック よしこ」を開発し、提供したと発表。「スナック よしこ」はスナックのママたちの聞き上手さや、アドバイスを解析・ビックデータ化した日本初とうたうAIチャットボットである。

空色は、2020年11月から洋服の青山オンラインストアでチャットサービスの提供を開始しており、今回は「働く若者のストレスや悩みを解決する場」として、「スナックよしこ」を新たに開発、提供した。青山商事がスナックのママたちに実施した総インタビュー時間は50時間におよぶ。

相談内容は「仕事を辞めようかな」「上司が任せてくれない」「ビジネス用語がわからない」など。スナックのワンシーンのように気軽に何でも相談できるという。

空色は「人には、家族にも、友人にも言えない悩みが存在します。 AIチャットボット『スナック よしこ』は、身近な関係だからこそ言えない悩みをAIチャットボットに相談できるサービスです。 スナックのママという日々多くの人の話しを聞き、時にはアドバイスをくれる今の時代に求められる温かみのあるコミュニケーションをチャットボットで実現しました」と述べている。

実際に「スナックよしこ」を使ってみた。ウィンドウが開くとママにあいさつされ、自分の悩みを選択肢の中から選べる。選択肢を選ぶと次の選択肢が現れるようだ。筆者は「将来>夢>今の環境で叶うのか」と選択したところ、「環境のせいにしちゃダメ」とお言葉をいただいた。

また、悩みをメッセージで送ることもできる。筆者は、自身の夢である「大統領になるためにはどうしたらよいでしょうか」と質問したところ、「まだうまく答えられないわ。。。」とのこと。続いて、「将来が心配です」とメッセージを送ったところ、返信が返ってきた。単純なメッセージには対応できるようだ。

>>プレスリリース