AppleWatchの心拍データからAIが自動作曲する無料アプリが登場

aimelo
このエントリーをはてなブックマークに追加

画像はプレスリリースから

ウェアラブル端末が市場に登場してしばらく経つが、使い方の多くは健康管理や時計の代りとして使われているという印象がある。そんなウェアラブル端末を利用して、AIが曲を作る取り組みを始めた会社がある。

音楽を中心としたエンタテインメント事業を行う、クリムゾンテクノロジー株式会社だ。

世界初自動作曲楽曲提供アプリ「AImelo」リリース

画像はプレスリリースから

2020年4月20日にクリムゾンテクノロジー株式会社からリリースされた「AImelo」は、利用者の心拍データを分析して、利用者がなりたい気分になれる曲をAIが自動生成するアプリだ。対応デバイスは4月20日現在、Apple Watchのみとなっている。

楽しい時でテンションを上げたい、リラックスして気持ちを落ち着かせたい、そんな時に画面をタップするだけで自分におすすめする曲をAIが自動作曲してくれる。操作説明では、オリジナルキャラクター「音宮いろは」が使い方を教えてくれるという。

独自技術「brAInMelody」をシステムに使用

画像はクリムゾンテクノロジー株式会社ホームページから

AImeloにはクリムゾンテクノロジーのbrAInMelodyという技術が使われている。

この技術は個人の脳波や心拍などのバイタルセンシングデータから、AIが感情を推定して作曲用ルールを生成する。そしてAIが作曲した音楽を聴くことにより、利用者の感情を「なりたい気分」に向かわせることを実現するという。

クリムゾンテクノロジーは、brAInMelodyを用いてAIの技術をエンターテインメント分野に応用し、音楽や音の力を日常のストレス緩和や睡眠の質向上といった、メンタルケアの分野に活かしていくことを目指している。

AIによる分析結果は、無意識に抱いていた感情を露わにするかもしれない。今後もAIとウェアラブル機器とのコラボレーションに注目していきたい。

>> プレスリリース
音宮いろは ©️CRIMSON TECHNOLOGY