日本初? 北海道の札幌市立高校「数理データサイエンス科」2022年4月に開設 Pythonでデータ分析を学ぶ演習など

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像は「数理データサイエンス科パンフレット 2022」より

北海道札幌市にある市立高校「市立札幌旭丘高等学校(札幌市立旭丘高校)」は2022年4月、日本の高校初と見られる「数理データサイエンス科」を開設する。

「数理データサイエンス科パンフレット 2022」より

「数理データサイエンス科」は、「データサイエンスを学習のエンジンとし、理数分野(理科・数学・情報)を中心に幅広く教養を高め、学問・産業・社会的課題解決(SDGs)に貢献する人材を育てる理数系の学科」。

教育理念は「Society5.0に新たに求められる資質・能力として、『気付く力』『思考する力』『発信する力』の育成を目標として、理数分野を中心とした幅広い教養(STEAM教育)と情報活用能力(データサイエンス)を併せ持つ人材の育成を目指すこと」としている。

「数理データサイエンス科パンフレット 2022」より

独自のオリジナル講座として、ビッグデータを分析する「データサイエンス演習(仮称)」、Pythonでデータ分析に必要なプログラミングを学ぶ「プログラミング演習(仮称)」、分析したデータの視覚化を学ぶ「インフォグラフィックス(仮称)」、AI(人工知能、機械学習)の基礎を学ぶ「人工知能概論(仮称)」を用意した。

単位制による全日制課程で、募集人数は2クラスあわせて80名。受験は推薦入試と一般入試を設けており、推薦入試は募集人員に対して50%程度に設定する。

「数理データサイエンス科パンフレット 2022」より

近年、大学においては滋賀大学、横浜市立大学、武蔵野大学、立正大学が「データサイエンス学部」を開設。慶應義塾大学が2022年度に経済学部にデータサイエンス教育プログラム「DEEP(Data-driven Economics and Econometrics Programme)」を創設したり、一橋大学が2023年度に「ソーシャル・データサイエンス学部・研究科(仮称)」を設置したり、といった計画も進んでいる。

一方で、高校においては、先進的な理数教育を実施する「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」、与えられたデータセットをもとにデータサイエンスにもとづく分析をする「中学生・高校生データサイエンスコンテスト」などの取り組みは存在するものの、「データサイエンス科」と銘打つ科はこれまで存在しなかったと見られる。札幌市立旭丘高校の続報に注目したい。