工場やビルにおけるアナログなメーター検針の大幅な省力化を実現

このエントリーをはてなブックマークに追加


アシオット株式会社は2022年12月7日、プレシリーズAラウンドで株式会社UB Venturesを引受先とした第三者割当増資により、約1.8億円の資金調達を完了したことを発表。今回の資金調達を経て、プロダクト開発や販売・サポート体制の強化を進め、メーター検針のさらなるDX化を推進するという。同社はAIoT技術を通じてメーター自動検針の実現を目指している。

人の目で行うメーター検針の課題は大きい

メーターは住宅、工場、飲食店、商業施設、駐車場などさまざまな現場に設置されており、その測定対象は電気・ガス・水道に留まらず多岐にわたる。一般家庭の電気メーターにおいては、すでにスマート化(自動遠隔検針)が一定進んでいる状況だが、それ以外の多くの領域においてはいまだ人の目による非常にアナログな方法で検針作業を実施している実態がある。

例えば敷地面積の広い工場では、ひとつのメーターを検針するにあたり、設置場所までの移動だけで非常に長い時間を要する。また酷暑や極寒など過酷な環境下では、人の判断力の低下を招き、誤検針が発生することも頻繁にあるという。誤検針発生時は再度の現場訪問が必要となり、ムダなコストが発生する。このように正確な検針データを把握するために、現状はアナログかつ労働集約的な手法による作業が現場で行われており、その課題は深刻とのこと。

「アタッチメント方式」「エッジAI」を強みにメーターの遠隔自動検針を実現

一般的にメーターをスマート化する場合、既存のメーターそのものを交換する必要があり、これにはデバイスや交換工事などに多くのコストと時間を要する。同社のA Smartは、既存のメーターに対してアタッチメント(後付け)形式により数分で簡単に設置でき、工事は不要。加えてエッジAI技術によって、デバイス側で取得データを処理しクラウドに送信できるため、通信量を低減し消費電力を削減できるとのこと。

またユーザーは、A Smartを通じて取得したデータを検針データのダッシュボード上でリアルタイムに閲覧可能。その他にも異常値が発生した際のアラート設定や各種取得データのグラフ化およびexcelやCSVなどの形式による一括出力なども機能として備えているという。

アシオット株式会社
https://www.asiot.jp/

A Smart
http://asmart.ai/

>>ニュースリリース