わずか1秒でAIが類似画像を検索 速度は今までの約1万倍に

このエントリーをはてなブックマークに追加


Automagi株式会社は9月17日から、AIソリューション「AMY Image Search」のデモ環境を提供開始した。募集期間は10月16日までで、貸し出し期間は1ヶ月程度とのこと。

>>>プレスリリース

わずか1秒で1万枚の画像から似ている画像を探す

「AMY Image Search」は、AIが抽出した画像の特徴量をもとに、「対象物と類似度の高い画像」および「対象物と完全一致する画像」を誰でも簡単に検索できるとうたうサービス。AIを利用し、人間が感覚的にするような類似画像検索や、人間が気がつかない類似画像検索を誰でも簡単に可能にした。

Webサービス上で画像情報を検索する際に、関連するキーワードの検索しかできず、ほしい情報にたどり着かない、また、必要としている画像情報しか得られない可能性がある。

そこで、Automagiは、「AMY Image Search」を導入することで、ユーザーが探したい商品を画像情報からすぐに発見するだけではなく、類似の商品も提示することで、潜在ニーズへの呼びかけも可能にした。

また、1万枚の画像から似ている画像を探す場合、わずか1秒で検索が可能であり、この速度は従来の技術と比較すると約1万倍速い処理速度とのこと。

業務の効率化だけではなく売り上げアップにも期待

ユーザーから送られてきた商品画像を自社の商品データベースから検索することで、一致する商品を人が探すよりも何倍も速く検索し、業務を効率化する。

たとえば、アパレルECサイトの場合、ユーザーが撮影した写真をアップロードすると、サイト内にある類似商品を検索し、購入できる。また、販売中の商品と類似する商品を検索することも可能。これらの機能より、アパレルECサイトは売り上げアップを図れるとしている。