東大ら、自動運転AI学習用ラベリングツールを無償公開

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年6月21日、株式会社ティアフォーは東京大学らと共同で、自動運転AIの学習に必要となる画像データや3次元点群データのラベリングツール「オートマンツール(Automan Tools)」をオープンソースとして無償公開した。

ラベルを付加する機能をオープンソース化。改良も可能

オートマンツールとは、認識対象の物体クラスのラベルを付加する機能をオープンソース化し、無償でダウンロードできるようにしたソフトウェアツールだ。

ツールを使用することで、さまざまなラベリング機能を短期間で開発できる。また、利用者は本ツールを自身で改良することも可能だ。

2018年度に実施された経財産業省主催のAIエッジコンテストをはじめとする国内の政府系事業のデータセット作成でも実績があるオートマトンツール。そのベースとなるのは、自動運転AIの学習サービス「オートマン」だ。

ディープニューラルネットワークも改善

オートマンが提供する機能はこちら。

  • 画像データや3次元点群データをアカウント保護されたクラウド環境にアップロードする
  • 認識対象の物体クラスのラベルを付加する
  • オートマンが提供する深層学習アルゴリズムを選択する
  • クラウド上で容易に自動運転AIのモデルを生成する
  • ラベリングサービスによるディープニューラルネットワークの改善の例も実績として出ている。

    自動運転時代に向けて、要求される精度もさらに高度化する。また、最近ではコネクテッドカーというキーワードも外せない。

    >> どんな車も一瞬でコネクテッドカーに変貌。MaaS、自動運転時代に向け「移動の進化」が始まる

    シガーソケットにデバイスを差し込むだけで、通常の車を一瞬でコネクテッドカーにするデバイスもでてきている。

    生活するうえで移動の手段である車は、データ、AI(人工知能)、IoTを組み合わせることで今後どんな進化、未来をみせてくれるのか、期待が高まる。

    source:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000040119.html