G検定に対応する簡易テストが無料に、60ページを超える解説資料も

このエントリーをはてなブックマークに追加

画像は公式サイトより

株式会社AVILENは1月12日、一般社団法人日本ディープラーニング協会(JDLA)が提供する「G検定」に興味を持つ人に向けて、無料のスキルチェックテストを公開した。

本テストは「G検定」対策問題集を執筆した講師陣が問題を監修。人工知能(AI)に関する応用技術や法律、社会問題など最新の出題傾向に対応している。

また、スキルチェックテストでは、60ページを超える解説資料も無料で入手できる。「なぜ間違ったか?」だけではなく、そのほか身につけておくべき知識もまとまっているため、学習すべき範囲が明確になるという。

ビジネスでのAI活用を考えたとき、G検定を取得した「AIジェネラリスト」の市場価値は今後上がっていくと考えられる。AVILENはこのような状況を踏まえ、「G検定に興味を持っているが、どの程度の知識が必要かわからない」といった不安感を解消するために、今回スキルチェックテストを作成したとのこと。

12時間でAIや機械学習の基礎を学べる人気講座が無料に

AIやPythonなどのプログラミング、データサイエンスなどに関する学習コンテンツが、無料で公開されることは少なくない。

最近でも、株式会社キカガクは2020年12月24日、AIや機械学習を学び始める人向けに、全編に解説動画が付いた「キカガク流 脱ブラックボックスコース」完全版を無料提供すると発表した。E-learningのプラットフォームであるキカガク上で受講できる。

今回提供する完全版は、世界中でオンラインコースを提供するUdemy上で提供されている初級編(4時間)と中級編(4時間)を2020年版にブラッシュアップし、待望の声が多かった上級編を加えたもの。合計12時間でディープラーニング(深層学習)の基礎が学べるとうたう。

この記事で紹介したコンテンツはそれぞれ分野や領域は異なるものの、両方とも無料で学習できる。気になる人はチェックしてみては。