SNSで話題!AIが赤ちゃんの顔を予測する無料サイト 公開した理由は「楽しんでもらう」ため

このエントリーをはてなブックマークに追加

ACワークス株式会社が公開した、人工知能(AI)が2人の顔写真から赤ちゃんの顔を予測できる無料サイト「赤ちゃんAC」がSNS上などで話題になっている。

「赤ちゃんAC」は、2人の顔写真をアップロードすると、AIが赤ちゃんの顔を予測して表示してくれるというもの。完成した赤ちゃんの画像はダウンロードできる。なお、データは24時間で完全に消去するという。

今回は「赤ちゃんAC」を手がけるACワークスに「なぜサービスを制作したのか?」「一部批判の声もあるが、どのように感じているのか?」「どれほどの精度という認識なのか?」など、質問をぶつけてみた。

公開した理由は「ちょっと楽しんでもらう」ため

フジテレビ系列『めざましテレビ』や日本テレビ系列『スッキリ』、大手Webメディアなどが報じたこともあり、話題になった「赤ちゃんAC」。そもそも、なぜ同社はこのようなサービスを制作したのだろうか? 

同社は「弊社では、素材サイトの運営の一環として、主に画像に関するAIの研究をしています。家族の写真の写真素材を撮影する場合、モデルさんが本当の親子とは限りませんので、親と子供が似ていない場合もあります。そういうケースでは、両親役のモデルさんに似た赤ちゃんの顔画像を作り、合成して1つの家族の写真として使える可能性があります。今回の『赤ちゃんAC』はそういった研究の過程で、一般の皆さまにちょっと楽しんでもらおうということで公開しております」と語る。

また、「日本では少子化が進んでおりますが、このサービスを通して、赤ちゃんに興味がわいて、子どもを持ちたいという方が増えてくれればいいな、という思いもあります」と付け加えた。

「予測の精度の追求は目的ではなく、検証はしていない」

また、SNS上ではゴリラや猿などの動物、俳優などの有名人の写真を(勝手に)使い「赤ちゃんAC」を試してみたといった投稿もある。「赤ちゃんAC」はどれほどの精度なのだろうか?

同社は「(『赤ちゃんAC』は)アップロードされた親となる2人の人物の特徴をAIで抽出し、それらを合成することでその2人に似た赤ちゃん画像を生成するサービスです。遺伝的な要素などを考慮しているわけではありません。あくまで写真素材の研究の一環ですので、予測の精度の追求を目的としておらず、検証はしておりません」と説明する。

「ルッキズムや命の選択を肯定・否定することはない」

一方で、SNS上ではルックスが美しい人々を持ち上げ、逆にそうではない人々を差別的に扱うことを意味する「ルッキズム」はもちろん、それにともない子どもを持つかどうかを決めるといった風潮を助長するのではないかといった観点から、「赤ちゃんAC」に対する批判の声も見受けられる。このような声をどのように感じているのか?

同社は「さまざまなご意見があることは承知しております。この件に限らず、すべての事について世の中には多くの意見があるものと存じております。弊社はこのサービスを通して、ルッキズムや命の選択について、それらを肯定または否定というどちらか一方を主張することはありません」と立場を明らかにした。

「要望があれば可能な限り対応していきたい」

最後に「赤ちゃんAC」について、何か今後の展望は何かあるか聞いてみた。

同社は「表情の制御や画質の向上により、写真素材へ利用できることを目指しております。また、ユーザーの皆様からのご要望があれば、可能な限り対応していけたらと考えています」と述べている。

AIが赤ちゃんの顔を予測する無料サイト「赤ちゃんAC」公開

ちなみに、本サービスは「StyleGAN」というAI技術を活用し、赤ちゃんの画像を生成する。StyleGANはGAN(敵対的生成ネットワーク)というディープラーニング(深層学習)のモデルを発展させたもので、2枚の画像の特徴を学習し、合成して高解像度の新しい画像を生成できるという仕組みだ。

そのほか、詳細が気になる人は以下の記事をチェックしてほしい。