AI音楽に合わせて「簡単×エモーショナル」な動画を生成してくれるアプリ登場

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社大広WEDOは2022年11月15日、クリエイター向けAI作曲サービス「SOUNDRAW」を提供するSOUNDRAW株式会社との提携を発表。企業のUGCマーケティングを推進する音楽基軸の動画編集アプリ「BAEMOS(バエモス)」のプロトタイプ版を開発したことを報告した。

音楽を基軸とした「簡単×エモーショナル」を実現するBAEMOS

BAEMOSはミュージックビデオ制作のプロが行う編集手法(音に合わせてカットの編集点をつくる)に着目し、AIで作曲される音楽の波形に合わせて自動的に動画が編集される機能を搭載。

生成される楽曲はすべて著作権フリーのため、さまざまな用途で活用できる。BAEMOSを活用することで生活者がSNSなどで商品やサービスについて発信しやすい環境を生み出し、さまざまなUGC(User Generated Contents、ユーザー生成コンテンツ)マーケティング施策に貢献できるという。

BAEMOSの使い方

「BAEMOS」は約1分間の所要時間で、エモーショナルな動画を作成できる。

■STEP1
ハッピー、エモーショナルなどからムードや音楽の長さ、動画の縦横比を選ぶと、AIが自動でオリジナル音楽を作成

■STEP2
自身のカメラロールから使いたい動画や写真を選ぶ

■STEP3
オリジナル音楽の波形に合わせて、編集されたオリジナルの動画が完成

詳細は公式サイトより
https://www.daiko-wedo.co.jp/baemos/

>>ニュースリリース