AIチャットボット「BEBOT」、日本政府観光局の訪日旅行者向けサイトにて 多言語ガイドを開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ビースポークは、2022年10月より、日本政府観光局(JNTO)のWebサイトにて、AIチャットボット「BEBOT」による、訪日旅行者からの多様な問い合わせに対する情報提供を開始すると発表した。

パソコンやスマートフォンで、訪日旅行者が必要とする観光、安全対策、災害対応の情報を24時間365日対応で提供する。

新型コロナウイルス感染症に関する水際措置見直しの詳細が公表され、訪日旅行者の入国増を見込み、現場での問い合わせ対応の負荷を軽減し、利用者の満足度向上を図る。

サービス概要

期間:2022年10月11日(火)〜

提供言語: 英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語

提供分野: 観光、安全、災害に関する情報

AIチャットボット(「BEBOT」)について

アクセス方法:JNTO グローバルサイト ( https://www.japan.travel/en/ )

特徴:自然な「会話」ができるAIコンシェルジュ機能

対応している質問例:

  • Tell me about the different regions of Japan(日本の他の地域について教えて)
  • I want to know about duty free shopping(免税での買い物について知りたい)
  • Where can I enjoy cherry blossoms(お花見ができるのはどこ)
  • How big is the approaching typhoon(台風の規模は)
  • What should I do if I get into an accident(事故にあったらどうしたらいい)

スマートフォンでの表示イメージ

担う役割:

  • 旅マエ・旅ナカの誰もが利用可能な環境および体制の構築
  • AIチャットボットの利用データの分析と効果検証

株式会社ビースポークについて

世界15カ国からトップクラスの開発者を採用し、独自開発した人工知能(自然言語処理)を搭載したチャットボット「BEBOT」を国内外で展開中。

自治体および一般企業の「DXソリューション」として、疫病・災害を含む緊急時の多言語対応の自動化、窓口対応の自動化に特化している。

台風・地震などの災害を含む緊急時に発生する外国語の質問やリクエストに対しても、政府や自治体に代わりリアルタイムで多言語対応を行なっている。

>>ニュースリリース