神戸市、CaaSによる新型コロナ感染防止プロジェクトを開始 全国自治体では初

このエントリーをはてなブックマークに追加


株式会社グルーヴノーツは5月21日、神戸市がスタートアップと協力して市民の生活と新たに直面した課題を解決するサービスを開発するプロジェクト「STOP COVID-19 # Technology」に採択され、CaaS(City as a Service)に関する実証実験を開始すると発表した。CaaSに関する取り組みでは、全国自治体で神戸市が初の試みとなる。

自治体とスタートアップの協働で感染拡大防止へ

現在、新型コロナウイルスの感染拡大により市民生活に多大な影響が及んでいる。
こうした状況下で、感染防止や経済活動再開に向けて人やものの流れを把握する取り組みが必要となる。そこで、神戸市は株式会社グルーヴノーツと協働して、神戸市が持つ人流データを提供することで当社が持つAI技術や量子コンピュータでデータを活用し、人・ものの流れを最適化するための取り組みとしてSTOP COVID-19 × #Technologyを実施していく。

このプロジェクトでは、神戸市が提供するビッグデータを収集・分析することで、活動拠点や居場所など自らの取り巻く環境を正しく把握しデータに基づいて個人が判断できるようなサービスを提供する。これによって街の状況の見える化、人の密集度合や、ものの販売動向に関するシミュレーションモデル等の作成・提供を通し、テクノロジーの力で経済活動の再開と新型コロナウイルス感染防止を目指していく。

テクノロジーで理想の都市の実現へ

今回のプロジェクトで採択された株式会社グルーヴノーツはデータ分析・AI予測・量子コンピュータが誰でも活用できるクラウドプラットフォーム「MAGELLAN BLOCKS」を提供・開発するテクノロジーカンパニーだ。グルーヴノーツはこれまでさまざまなデータ提供パートナーと連携し、街を舞台にAIやビッグデータを活用することで、快適で豊かな都市を目指すCaaSに取り組んできた。

株式会社グルーヴノーツは今後も、都市と協力しAIとデータを活用したサービスを提供することで地域社会へ貢献していく。

>> プレスリリース