「ライターや広告代理店の脅威になるのでは」100パターン以上の文章を数秒で生成、GPT-3活用のAIコピーライティングサービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社デジタルレシピは6月30日、OpenAI社が提供する自然言語処理モデルGPT-3を活用したAIコピーライティングサービス「Catchy(キャッチー)」の提供を開始した。

Catchyは、AIがキャッチコピーをはじめ100パターンを超えるさまざまな文章を生成するAIコピーライティングツールだ。

資料作成、広告文、メール文、記事作成などの文章作成業務のほか、動画や新規事業などの企画提案もできるという。

本サービスに活用するGPT-3は、2020年7月にイーロン・マスクなど複数の投資家により設立されたアメリカのOpenAI社が開発した高性能な自然言語処理モデルだ。

英語圏ではGPT-3を用いた記事の執筆サービスや広告テキスト生成サービスが人気で、ABテストツールVWOが実施した「人 VS GPT-3」のWeb広告パフォーマンステストでは、7戦3勝1敗3引き分けで人をしのぐ成果を出すなど、高い文章生成技術が評価されているという。

Catchyでできる文章のアウトプットの例は以下のとおり。簡単な文章を入れて「作成する」ボタンを押すと、複数本の候補文(またはキャッチコピー)を出してくれる。

【入力テキスト】

  • タイトル:Catchy
  • 説明文:Catchyは、マーケティングで使いたいキャッチコピーをAIが数秒で大量に作成するAIコピーライティングサービスです。

【結果】

  • CatchyでAIのちからを手に入れよう。マーケティングやキャンペーン用のキャッチフレーズを無限に作成し、成果が上がるのを見届けよう!
  • Catchyでマーケティングをより効果的に。AIを活用したサービスで、ターゲットに響くキャッチフレーズを作成し、行動を起こしてもらうことができます!
  • Catchyで競合他社に差をつけよう。AIを活用したコピーライティングサービスで、注目を集め、成果につながるキャッチコピーを作成することができます!

Catchyでは、シンプルなキャッチコピー以外にも、広告、資料作成、Webサイト制作、記事作成など100パターン以上のシチュエーションで活用できる。

【広告カテゴリ(一部抜粋)】

  • キャッチコピー(短文)
  • Google広告タイトル文
  • Google広告説明文
  • facebook広告タイトル文
  • facebook広告説明文
  • サービスを一言で

【Webサイト制作カテゴリ(一部抜粋)】

  • Webサイトのメタディスクリプション
  • TOP用キャッチコピー
  • サブタイトル
  • サービス説明の箇条書き
  • CTA(コールトゥアクション)

【記事作成カテゴリ(一部抜粋)】

  • 記事のアイディア
  • 記事のタイトル
  • 記事の目次
  • 記事の導入文
  • 記事の本文

【ビジネス戦略カテゴリ(一部抜粋)】

  • サービス名
  • ターゲットユーザー
  • ターゲットユーザーを鮮明にする
  • ターゲットの課題
  • サービスの提供価値
  • サービスのミッション
  • マーケティングアイディア
  • 新規ビジネスアイディア

リリース後6日間でユーザーが利用したシーンの使用量上位20は以下のとおり。
画像はプレスリリースより

利用動向としては、キャッチコピー、商品説明文といったサービスのコピーライティング用途が最も多かった。そのほか、新規事業アイディア、記事案などアイディアの創出用途も人気だった。また、利用頻度の高いユーザーにおいては、広告用コピーの作成用途が人気だったという。
料金プランは以下のとおり。

  • Freeプラン:10クレジットまで無料で全生成ツール利用可能。クレジットの単発購入もできる(100クレジット3000円、200クレジット5700円、300クレジット8100円)
  • Proプラン:月額9800円で、全生成ツールを無制限で使い放題。チャットサポートもあり
  • Enterpriseプラン:料金は要問い合わせ。独自生成ツール作成可能。全生成ツールを無制限で使い放題。チャット&ビデオサポートあり

>>ニュースリリース